「Aptos(APT)」がコインベース、バイナンス、FTXに上場へ

APTがコインベース・バイナンス・FTXで上場へ

レイヤー1ブロックチェーン「アプトス(Aptos)」のメインネットローンチに際し、海外大手暗号資産(仮想通貨)取引所が暗号資産アプトス:Aptos(APT)を取り扱い予定であることを10月18日に発表した。

今回APTの上場が発表されたのはコインベース(Coinbase)とバイナンス(Binance)、そしてFTXグローバルだ。各取引所の上場に関する情報は下記の通りだ。

コインベース(Coinbase)

コインベースは、APTの流動性条件が満たされ次第「コインベースドットコム(Coinbase.com:販売所)」及び、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォーム「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange)」にて取引開始する予定とのこと。

取引ペアについては、APT/USDがサポートされるとのことだ。

バイナンス(Binance)

バイナンスは、10月19日1:00(世界協定時:UTC)よりAPTを取引開始する予定とのこと。

取引ペアについては、APT/BTC、APT/BUSD、APT/USDTがサポートされるとのことだ。また出金については20日1:00(世界協定時:UTC)より開始となる。

FTXグローバル

FTXは、10月19日1:00(世界協定時:UTC)よりAPTを取引開始する予定とのこと。また入出金については18日13:00(世界協定時:UTC)までに開始されるとのこと。

取引ペアについてはAPT/USD、APT/USDTとなっており、現物取引で取り扱われるとのことだ。

アプトス(APT)とは

アプトスは、アプトスラボ(Aptos labs)によって開発されたプルーフオブステーク(PoS)ブロックチェーンだ。今月18日にメインネットがローンチされた。なおネーティブトークンAPTは、ネットワーク手数料やステーキング、ガバナンストークンとして使用される。

またアプトスラボは、メタ(Meta)のディエム(Diem)チームのメンバーであったモー・シャイフ(Mo Shaikh)氏とエイブリー・チン(Avery Ching)氏によって創業された企業であり、複数回の資金調達を実施している。

関連ニュース

バイナンスラボ、レイヤー1ブロックチェーン「Aptos」に追加出資

L1ブロックチェーン開発「Aptos」、FTXやJump Cryptoらから約204億円調達

「Aptos」がa16zらから約230億円調達、創業者はDiemチームメンバーら

米コインベースにイーサリアム上のゲーム「Illuvium(ILV)」上場へ

米コインベース、シンガポールで決済機関のライセンス取得

参考:コインベースバイナンスFTX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催