LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ

LINE NFTがNFTのエアドロップ機能提供へ

LINE Xenesis(ラインジェネシス:旧LVC)提供の国内向けNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」で、NFT無料配布(エアドロップ)機能の提供予定が9月28日発表された。

このエアドロップ機能により、不特定多数のユーザーへ無料でNFTを配布することが可能になるという。同機能を利用する企業やコンテンツホルダーは、自社NFTを知ってもらうだけではなく、NFTを入り口としたユーザーへの自社サービスの認知や興味・関心の向上が期待できるとのことだ。

またラインジェネシスは同機能について「企業やコンテンツホルダーが自社のNFTを簡単にユーザーに触れてもらうきっかけを創出するツール」と説明している。

同機能の利用例として「ライブやコンサートなどのイベント来場者へのNFT配布やSNSを用いた各種キャンペーンなどでのNFT配布など」、「企業やコンテンツホルダーとユーザーとの接点を創出するマーケティングツールとして活用」があげられている。

なおユーザーが同機能により無料配布されるNFTを受け取るには、NFT受取用のQRコードを読み取り「LINE NFT」のアカウントから受取れるとのこと。また受け取ったNFTは、デジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet 」において保管・管理が可能とのことだ。

このエアドロップ機能については、LINEが独自開発したプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain」基盤のものとなる。配布されるNFTも同ブロックチェーン上にミント(鋳造/発行)される。

なお「LINE Blockchain」はコスモス(ATOM)の開発基盤となっている「Tendermint BFT(Benzantine fault Tolerance)」によって開発されており、イーサリアムとの相互運用が計画されている。

また「LINE Blockchain」ではネイティブトークンの「リンク(LN)」が発行されており、国内ではLINEが運営する暗号資産(仮想通貨)取引所LINE BITMAX(ラインビットマックス)で入手ができる。

関連ニュース

LINE NEXTがNFTプラットフォーム 「DOSI」β版提供開始、日本にも先々展開か

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結

LINE BITMAXで「暗号資産信用取引サービス」開始

LINEのプロフィールアイコン、「LINE NFT」のNFTに設定可能に

参考:LINE
デザイン:一本寿和
images:iStocks/peshkov

関連するキーワード

#LN

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した