LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場

リンク(LN)がMEXC Globalで上場

LINEの独自暗号資産(仮想通貨)リンク:LINK(LN)が、海外取引所MEXC Global(エムイーエックスシーグローバル)で上場した。

発表によるとリンクは、MEXCのイノベーションゾーンにてLN/BTCの取引ペアで8月11日10:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されている。イノベーションゾーンとは、価格が大きく変動する可能性がある暗号資産の取引を提供するサービスだ。

今までリンクの取り扱いは、LINEが運営する国内向け取引所LINE BITMAX(ラインビットマックス)と日本を除いたグローバル向けの取引所BITFRONT(ビットフロント)、そして韓国拠点の取引所Bithumb(ビッサム)が対応していた。

なおMEXCでは日本およびシンガポール居住者向けのサービスを提供していない。その為、引き続き国内ではLINE BITMAXのみがリンクの取り扱いを行っている。

リンクは、LINEが独自開発したプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain」のネイティブトークンだ。ちなみに「LINE Blockchain」はコスモス(ATOM)の開発基盤となっている「Tendermint BFT(Benzantine fault Tolerance)」によって開発されており、イーサリアムとの相互運用が計画されている。

関連ニュース

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結

ソフトバンクやNAVERら、LINE NEXTのグローバルNFT事業へ約13.6億円投資

LINE証券がSTOサービス提供へ、クオーラム基盤「ibet for Fin」で

LINE Payオンライン加盟店、暗号資産「LINK」支払いを試験的開始

LINEの暗号資産LINK(LN)、ビッサム(Bithumb)へ上場

参考:LINEMEXC Global
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

#LN

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催