福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行

福岡市の「ネクスペイ」がCordaで発行

福岡県福岡市のプレミアム付電子商品券「FUKUOKA NEXT Pay(ネクスペイ)」が、まちのわ社が提供するブロックチェーン活用の情報プラットフォームで発行されることが分かった。SBIホールディングスが8月10日発表した。

まちのわ社はSBIホールディングス、九州電力及び筑邦銀行の3社による合弁会社。まちのわ社が提供する情報プラットフォームの基盤には、米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「Corda(コルダ)」が採用されている。「Corda」は、SBIの子会社SBI R3 Japanが国内の販売およびサポートを行っているブロックチェーンだ。

まちのわ社は、プレミアム付電子商品券をブロックチェーンを活用して電子的に発行することで利用者が申込から購入、決済までの一連の手続きなどをスマートフォンのアプリ上で行うことが可能になると説明している。また精算に必要な手続きの効率化やポストコロナ社会に適応した形で地域経済の活性化および利用者の利便性向上を実現できるとしている。

「ネクスペイ」は福岡商工会議所、早良商工会及び志賀商工会が共同で発行する。まちのわ社と日本旅行が共同で福岡市プレミアム付電子商品券事業の受託により実現した。

発表によると「ネクスペイ」は5,000円単位で25,000円まで購入でき、購入金額に20%のプレミアムが上乗せされるという。発行総額はプレミアム含め30億円となっている。

10月3日から開始する抽選への申し込みのうえ「ネクスペイ」の購入が可能となっており、利用については福岡市内の登録店舗が対象で、11月1日〜2023年2月15日の期間利用できるとのこと。

なお、まちのわ社提供の情報プラットフォームは、九州地区や島根県、山形県などの自治会で導入されており、今回の導入で31地域目になるとのことだ。

関連ニュース

宮城県大崎市プレミアム電子商品券「パタPAY」、Cordaで発行

宮崎県「ひなた認証お食事券」、ブロックチェーン「コルダ(Corda)」活用で電子発行

島根県松江学園通り商店街、ブロックチェーン「コルダ(Corda)」活用で電子商品券「がくえんペイ」発行

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

デジタル地域通貨プラットフォームサービス「chiica(チーカ)」の決済基盤がOrb DLTを利用し提供開始

参考:SBIネクスペイ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/yugoro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored