イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表

StarkWare、「Recursive Proving」発表

イーサリアムのL2技術開発のスタークウェア(StarkWare)が、新たなスケーリングソリューション「Recursive Proving」を8月11日に発表した。スタークウェアはゼロ知識証明を活用したブロックチェーンのスケーリングソリューションを開発するイスラエルの企業だ。

今回発表した「Recursive Proving」は、同社のスケーリングソリューション「StarkEX」と「StarkNet」をサポートし、機能拡張するための技術とのこと。具体的に「Recursive Proving」を活用すれば、「StarkEX」と「StarkNet」を通してLayer1のイーサリアムに書き込めるトランザクションを数倍にすることができるとのことだ。

これまでスタークウェアのソリューションは、トランザクション群の証明をレイヤー1のイーサリアムではなくレイヤー2のネットワークで行ってきたが、「Recursive Proving」を活用すれば、データの可用性も高めながらもレイヤー1のイーサリアムのセキュリティに依存し多くのトランザクションを処理することができるようになるという。

ちなみに「Recursive Proving」は、現在メインネットのイーサリアム上で、同社のソリューションを含む複数のプロダクトに提供されているとのことだ。

スタークウェアのコアエンジニアリング部門責任者ジディ・ケンプファー(Gidi Kaempfer)氏は、次のようにコメントしている。

「Recursive Provingを活用するメリットは、新たな改良を可能にし続けることで徐々に実現され、やがてトランザクションの並列処理の潜在能力を引き出すことでスケーリング能力を高めることを実現し、ガス代を削減し、データのレイテンシを改善することができるようになるでしょう。またL3やApplicative-Recursionなどの新しい機会とともに、コストとレイテンシに大きなメリットをもたらすでしょう」

スタークウェアは5月にシリーズDラウンドを完了し、企業評価額は約1兆円となった。なお同社の技術はディーワイディーエックス (dYdX)、ソーレア(Sorare)、イミュータブルエックス(Immutable X)などのブロックチェーンプラットフォームで利用されている。

また7月にスタークウェアは、独自トークン「StarkNet Token」を発行している。ちなみに「StarkNet Token」は、ERC-20規格として発行されており、9月にガバナンスやネットワークのアップグレードに関する投票に使用できるようになる予定とのことだ。

参考:スタークウェア
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Myvector

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored