DBS銀行、香港での暗号資産取引サービス提供を検討か

DBS銀行が香港でデジタル資産販売ライセンス申請を検討

シンガポールDBS銀行が、香港で暗号資産(仮想通貨)などデジタル資産取引サービス開始を検討しているようだ。ブルームバーグが2月13日報じた。

報道によるとDBS銀行(香港)の最高経営責任者セバスチャン・パレデス(Sebastian Paredes)氏が、13日に香港で行われたブリーフィングの中で「銀行が香港の顧客にデジタル資産を販売できるように、香港でライセンスを申請する予定」と述べたという。

香港政府は昨年11月、個人投資家による暗号資産(仮想通貨)および暗号資産ETF(上場投資信託)の取引を認めることを提案している。また12月には暗号資産取引所などの暗号資産サービスプロバイダー(VASP)に対するライセンス制度を導入する法案(修正案)が可決された。この法案はサービスプロバイダーが香港証券先物委員会(SFC)へのライセンス申請を義務付けるものだが、SFCはこの制度の詳細な規制要件について、さらに協議を行っていく方針としていた。なお法律が施行されるのは2023年6月1日からだ。

デパレス氏は、DBS銀行は香港の政策を受け入れており、デジタル資産に関連するリスクにも「非常に敏感」だとし、同行が香港政府の計画された枠組みを正しく理解できれば参加を検討すると述べている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/TkKurikawa

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察