クラーケンにテザー社のステーブルコイン「Euro Tether(EURT)」上場へ

クラーケンにEURT上場へ

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、暗号資産ユーロテザー:Euro Tether(EURT)を取り扱うことを4月27日に発表した。

同取引所でのEURT取り扱いは、世界協定時で5月2日14:30(日本時間で同日23:30)から開始される予定だ。流動性条件が満たされ次第、クラーケンアプリとInstant Buy(販売所)にて対応するという。

取引ペアについてはEURTに対し、米ドル(USD)およびユーロ(EUR)、テザーUSD(USDT)が対応するとのこと。

なおクラーケンで取り扱うEURTは、イーサリアム(Ethereum)ネットワーク上のトークンのみとなるという。他のネットワークからの入金については、EURTを失うことになるため注意が必要である。

ユーロテザー(EURT)とは

EURTはUSDTを発行しているテザー社が発行するトークンであり、ユーロと1:1でペッグされたステーブルコイン。流通しているEURTと同価値の担保準備金を保持することにより、ユーロの価格を反映している。

EURTは現在暗号資産取引所であるビットフィネックス(Bitfinex)やオーケーエックス(OKX)、フオビ(Huobi)のほか、分散型取引所(DEX)のユニスワップV3(Uniswap V3)やカーブ(Curve)でも取引可能である。なお現在の時価総額は約4,400万ドルである(4/28コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

参考:クラーケン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored