グーグルクラウド、フレア(FLR)のバリデータに参加

フレアのバリデータにグーグルクラウドが参加

グーグルクラウド(Google Cloud)が、フレア(Flare)ブロックチェーン上のバリデータ及びインフラストラクチャプロバイダとして参加したことが1月15日発表された。

これによりグーグルクラウドはフレアのセキュリティをサポートする他、同ネットワーク上のネイティブオラクル「フレアタイムシリーズオラクル(Flare Tims Series Oracle :FTSO)」にて、ネットワークの検証および貢献者として機能するとのことだ。

「FTSO」では、外部から取得した暗号資産価格ペアなどのオフチェーンの時系列データを、中央集権モデルに依存することなく、オンチェーンであるフレア上に持ち込めるプロトコル。

なお「FTSO」のインフラプロバイダには、グーグルクラウドの他に100組織が参加しているという。

またフレア開発元のフレアネットワークスは、グーグルクラウド提供のスタートアッププログラム「Google for Startupsクラウドプログラム(Google for Startups Cloud Program)」へ参加したとのこと。

これによりフレア上の開発者は、グーグルクラウドや同プログラムのパートナーから財務および技術的サポートを受けられるとのことだ。

フレアとは

フレアは、データ取得機能が備わったEVM(Ethereum Virtual Machine:イーサリアムバーチャルマシン)ベースのレイヤー1ブロックチェーンだ。他のEVMチェーン上で動作するソリディティ(Solidity)で書かれたアプリケーションもフレア上で動作できる。

またフレアの独自トークン「FLR」は、ネットワーク上の取引手数料の支払いやステーキング、エコシステムの方針を決定する為のガバナンス投票に利用されている。

Flare onboards @GoogleCloud as an infrastructure provider to validate the network and contribute to the Flare Time Series Oracle.

Enshrining decentralized data delivery in a dual role with network validation is what makes Flare the Blockchain For Data.https://t.co/bJF9yX7GrX pic.twitter.com/oGySMD4vVq

— Flare ☀️ (@FlareNetworks) January 15, 2024

関連ニュース

参考:フレアネットワークス
images:iStocks/Aleksandra-Zhilenkova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道