ChatGPTサム・アルトマンらの「Worldcoin」、イーサL2「Optimism」へ移行完了

WorldcoinがOptimismへの移行を完了

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「Worldcoin(ワールドコイン)」が、システムの主要部分をオプティミズム(Optimism)メインネット上に移行したことを7月20日に発表した。

「Worldcoin」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanit)は今年5月8日、同エコシステム初のウォレットアプリケーション「World App」をリリース。それを機に「Worldcoin」はプロトコルのベータ版をポリゴン(Polygon)上に構築していた。

その後イーサリアム(Ethereum)L2スケーリングネットワークのオプティミズム(Optimism)との提携を同月11日に発表。プロトコルをオプティミズムに移行し「World ID」を同ネットワークで利用可能にすることを発表した。また同時に「World App」もオプティミズムに移行するとも発表していた。

今回の移行対応により「World App」起動時にオプティミズムへの移行が促される。約90秒のプロセスを経て、ウォレットがポリゴンからオプティミズムへの対応に移行される。なお移行は段階的に行われているようで、ユーザーによって移行対応が可能となる日時が異なっているようだ。

なお「World App」によって作成したウォレットは現在、オプティミズム上でワールドコイン(WLD)、ラップドイーサ(WETH)、ラップドビットコイン(WBTC)、USドルコイン(USDC)のみをサポートしており、同ウォレットへオプティミズム以外のネットワークからの送金およびその他のトークンの送金をすると、そのトークンを失うことになるため注意が必要だ。

「Worldcoin」は、AIチャットボットサービス「ChatGPT」などの人工知能で知られるOpenAIの創業者サム・アルトマン(Sam Altman)氏が、物理学者のアレックス・ブラニア(Alex Blania)氏と共に開発を進めるプロジェクト。

「Worldcoin」はボール状の「オーブ(Orb)」と呼ばれるデバイスで網膜をスキャンし、各人それぞれの虹彩の特徴をデジタルコードに変換することで個人を識別する「World ID」を発行する。現在このスキャンは無料ででき、スキャンしたユーザーは暗号資産「Worldcoin(WLD)」を受け取れる。この「WLD」の配布により、ベーシックインカム実現も計画されているという。

関連ニュース

参考:ワールドコイン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Blue-Planet-Studi

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も