「Wallet as a Service」提供マジック、ペイパル主導で約72億円の資金調達

Magicが約72億円を調達

企業向けweb3ウォレットソリューションWaaS(Wallet as a Service)提供のマジック(Magic)が、戦略的資金調達ラウンドにて5,200万ドル(約72億円)の資金調達を実施したことを5月31日発表した。

この調達ラウンドはPayPal Ventures(ペイパルベンチャーズ)主導のもと、チェルビック(Cherubic)、シンクロニー(Synchrony)、KX、ノースゾーン(Northzone)、ボルトキャピタル(Volt Capital)などの投資家が参加したという。また今回の調達を含む、これまでの合計調達額は8,000万ドル(約111億円)になるとのことだ。

今回の調達資金について、マジック共同創設者兼CEOのショーン・リー(Sean Li)氏は「調達した資金は機能の拡張とユースケースの拡大に充て、また欧州連合(EU)とアジア太平洋地域(APAC)内でより深い統合をすることが楽しみにしている」と発表にてコメントしている。

マジックは、開発者がサイトやアプリ内にマジックウォレットを統合することで、パスワードなしでユーザー認証を可能にするSDK(ソフトウェア開発キット)だ。現在マジックは、マテル(Mattel)やメイシーズ(Macy’s)、イミュータブル(Immutable)などといった小売やファッション、ゲーム分野の企業により利用されている。

またマジックではブラウザ拡張機能や秘密鍵のフレーズ、ダウンロードを必要としないwebベースのノンカストディアル(セルフカストディ)型ウォレットとして、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、オプティミズム(Optimism)といったブロックチェーンを現在サポートしている。

関連ニュース

参考:Magic
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored