オフショア人民元・香港ドルに紐づくステーブルコイン発行元の開発者らを上海警察が拘束=報道

開発チームが上海警察に拘束される

オフショア人民元に紐づいたステーブルコイン「CNHC」と香港ドルに紐づく「HKDC」の発行企業「トラスト・リザーブ(Trust Reserve:旧CNHC社)」の開発者チームが、上海警察に拘束された。地元メディアのPAニュースが5月31日に報じている。

その報道によれば、開発者チームは5月29日の午後から連絡が取れなくなっていたという。一部の家族には拘束された旨が知らされていたようだ。

またPAニュースは、上海市浦東(ほとう)にある同社オフィスは現在無人であり、ドアには2023年5月29日付けの「司法差し押さえ、破壊行為厳禁」と書かれた通知が貼られていることも伝えている。

「トラスト・リザーブ」は今年3月、シリーズA+投資ラウンドにて1,000万ドルの資金調達を行っていた。なお同ラウンドは、シンガポールを拠点とする暗号資産(仮想通貨)取引所KuCoin(クーコイン)が主導し、Circle Ventures、 IDG Capitalが参加していた。

「CNHC」は、2021年にリリースされた、オフショア人民元と1:1でペッグされたステーブルコインだ。なおオフショア人民元(CNH)とは、中国の通貨である人民元のうち、香港・シンガポール・イギリスなど中国本土外の居住者が取引する国外市場で取引されるものを指す。

「HKDC」は、イーサリアム (ETH)のトークン規格ERC-20上で展開される香港ドルに紐づいたステーブルコインだ。

なおデジタル人民元を発行する中国では2021年5月より、国内での暗号資産の取引や関連サービスが厳しく禁止されている。それを受け、同国で事業を行う多くのマイニング事業者や交換業者が中国からの撤退を余儀なくされた背景もある。

ただし今回の報道によれば、「トラスト・リザーブ」はステーブルコイン事業の他にクロスボーダー決済事業を行っており、本件については、この決済事業が警察から拘束された原因であるという見方もある。

関連ニュース

参考:PANewsトラスト・リザーブ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/-grynold

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した