LayerZero、シリーズBで約158億円の資金調達を完了。評価額は3倍に

LayerZeroが約158億円の資金調達を完了

オムニチェーンプロトコル「LayerZero(レイヤーゼロ)」の開発を主導するLayerZero Labs(レイヤーゼロラボ)が、シリーズBラウンドで1.2億ドル(約157.8億円)を調達したことを4月4日発表した。

レイヤーゼロラボによるとこのラウンドには、a16z crypto、BOND、Christie’s、Circle Ventures、OKX Ventures、OpenSea Ventures、Samsung Next、Sequoia Capitalなどの33の投資家が出資参加したとのこと。

このラウンドにて得た資金は、人員の増員やAPAC(アジア太平洋)地域のプレゼンスを高めるために利用されるとのことだ。

レイヤーゼロラボは昨年3月、シリーズA+ラウンドで1億3,500万ドル(約165億円)を調達。このラウンドはa16z、FTX Ventures、Sequaia Capital主導のもと、UniswapLab、Coinbase Ventures、Multicoin Capital、Gemini、Polygon、Avalancheなど計51の企業らが参加していた。

なお各社報道によると、前回ラウンドでのレイヤーゼロラボの評価額は10億ドルだったが、今回の調達ラウンドでその額は30億ドルまでに達したとのこと。レイヤーゼロラボはわずか1年で評価額を3倍に伸ばしたことになる。

「レイヤーゼロ」は「オムニチェーン相互運用プロトコル(Omnichain’ Protocol)」により、相互運用性を可能にし、無数のブロックチェーン間でシームレスなクロスチェーンメッセージングを促進するインフラを提供している。「レイヤーゼロ」を利用することで開発者は、クロスチェーンのやり取りを行う仲介者を必要とせずに、複数のブロックチェーンにまたがるプロジェクトを構築できる。

なお「オムニチェーン相互運用プロトコル」のホワイトペーパーでは各レイヤーについて「レイヤーゼロは他のチェーンとのネイティブな直接通信を実現するレイヤー。レイヤー1はビットコインやイーサリアムなど暗号資産市場の中核、分散型台帳の維持管理を行うレイヤー。レイヤー2はライトニングネットワーク、ライデンネットワークなど単一のレイヤー1チェーンでスケーラブルなトランザクションを実現するレイヤー」と説明されている。

関連ニュース

参考:レイヤーゼロ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催