歩いて年間約315万円の報酬も、スウェットコイン(SWEAT)が「最高歩行責任者」募集

スウェットコインが「最高歩行責任者」募集

フィットネスアプリ「スウェットコイン(Sweatcoin)」開発元の「スウェットエコノミー(Sweat Economy)」が、報酬提供を前提とした「チーフ・ウォーキング・オフィサー(最高歩行責任者:CWO)」の募集開始を4月4日発表した。

なお「CWO」は雇用契約での採用ではなく、あくまでも同アプリの利用規約に基づくものになるという。「CWO」になるには抽選への応募が必要となる。

「スウェットコイン」は歩いた歩数に応じて、同アプリの独自トークン「スウェットエコノミー:Sweat Economy (SWEAT:スウェット)」が獲得できるフィットネスアプリだ。ネイティブトークンは、ニアプロトコル(NEAR Protocol)のネットワーク上にNEP-141のトークン規格で発行されている。

抽選にて選ばれた「CWO」には、月額2,000ドル(約26万円)が支払われる予定とのこと。1年間の就任期間となるようで合計24,000ドル(約315万円)が報酬となるようだ。米ドルステーブルコインの「USDC」もしくは「USDT」での支払いになるという。

なお「CWO」に求められる要件として「毎日1日5,000歩歩くこと」、「1か月に1枚、合計12枚の写真を撮影して共有すること」、「ビデオ・書面によるインタビューに応じ、自らの経験について話せること」があげられている。

「CWO」の抽選に応募するには「スウェットコイン」のアカウントと同アプリの専用ウォレット「スウェットウォレット(Sweat Wallet)」が必要になる。

同ウォレットから25SWEAT以上をステーキングしたうえで、「CWO」募集のバナーから1SWEATのオプトイン料金を支払うことで申し込み完了となる。なお注意点としては、ステーキングの際に移動可能なSWEAT全てをステーキングしてしまうと、オプトイン料金が無くなってしまい申し込みができなくなる。

申し込みは4月3日から4月16日までの期間で行われる。締切日から7日以内に無作為抽選を行い当選者を決定するとのことだ。

なお申し込みについては、「スウェットコイン」の利用規約に基づいて制限された場所や国に拠点を置くユーザー、制裁対象のユーザーは参加できないとのこと。制限の対象国として中国やキューバ、イラン、北朝鮮、シリア、米国、英国が明記されているが、日本は記載されていない。

なお「スウェットエコノミー」の3月の発表によると、今年の9月12日から米国ユーザーに「SWEAT」および「スウェットウォレット」が提供開始される予定とのこと。アプリ上で数字として獲得しているスウェットコインが、実際に「SWEAT」としてユーザーの「スウェットウォレット」に配布されるとのことだ(1:1の評価額にはならない予定)。

関連ニュース

参考:スウェットエコノミー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/antoniokhr

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored