THNDR Games、ビットコイン稼げるパズルゲーム「Bitcoin Blocks」リリース

ビットコイン稼げるパズルゲーム「Bitcoin Blocks」リリース

スマホゲームを通じてビットコインユーザーの増加を目指すサンダーゲームズ(THNDR Games)が、ゲームプレイによってビットコイン(BTC)が獲得できる最新ゲーム「Bitcoin Blocks(ビットコインブロックス)」のリリースを3月10日発表した。

「Bitcoin Blocks」は、テトリスと数独を組み合わせたスタイルのパズルゲームとのことだ。

サンダーゲームズは、ライトニングネットワークの開発企業であるライトニング・ラボ(Lightning Lab)での職務経験を持つディジリー・ディカーソン(Desiree Dickerson)氏が、2019年に立ち上げた企業だ。同社は「ゲームを通じてビットコインのメインストリームへの普及を加速させること」をミッションとし、ビットコインを獲得できるゲームをこれまでに5本リリースしている。

なお昨年9月にリリースした、「ソリティア」ベースのビットコインゲーム「Club Bitcoin」は米国App Storeにて、これまでで最高位となる21位を獲得したようだ。

なおサンダーゲームズは今回のリリースと同時にゲーミンググラフの発表を行っている。この機能については、オープンでグローバルな分散型SNSプロトコルとして知られる「Nostr(ノストラ)」を使用した同社の最初の実験になるとのこと。

ゲーミンググラフの最初の機能リリースは、他の環境やクライアントに簡単に転送できる、プレイヤー向けのバッジと評判システムとのこと。プレーヤーがTHNDRリーグを進み、ゲームのマイルストーンを達成すると、バッジが「Nostr」パブキーに発行され、ID に関連付けられ、ユーザーは仮想的な評価を築くことができるとのことだ。

関連ニュース

参考:THNDR
images:iStocks/mikdam・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した