リキッドステーキング「Lido」、ポルカドット(DOT)とクサマ(KSM)でのサービス終了を検討

Lidoがポルカドットとクサマでのサービス終了か

イーサリアム(Ethereum)のリキッドステーキングを提供するリドファイナンス(LidoFinance)のコミュニティフォーラムにて、ポルカドット(Polkadot)とクサマ(Kusama)でのプロトコルのサポートを終了させる提案が3月7日に投稿された。

リドファイナンス提供のリキッドステーキングプロトコル「リド」は、ユーザーが独自にてステーキングする際に必要な最低資産を保有せずとも、ステーキングに少額から参加できるサービスだ。

それに加え「リド」では、ユーザーが「リド」に資金を預けた際に、預けたトークンと1:1の割合で価値が担保されているトークンを受け取ることができ、このトークンを運用して追加で利回りを得ながらステーキング報酬も得ることができる仕組みとなっている。

現在「リド」では、イーサリアム(ETH)、ソラナ(SOL)、ポリゴン(MATIC)、ポルカドット(DOT)、クサマ(KSM)といった5つのブロックチェーンのステーキングをサポートしている。

なお今回の提案を作成したのは分散型金融(DeFi)アプリ開発会社でリドファイナンスのパートナーである「ミックスバイツ(MixBytes)」の最高製品責任者コスタ・ゼレブツォフ(Kosta Zherebtsov)氏である。「ミックスバイツ」は「リド」におけるポルカドットとクサマのフロントエンド等の技術提供をしていたが、それを辞任することが決まっている。その辞任に伴い、今回の提案がなされた形である。

提案の中で「ミックスバイツ」は、2023年8月1日にポルカドットとクサマに関するリドへの技術的なサポートを停止することを発表している。

また暫定的なタイムラインも設定しており、ポルカドットについては3月15日には新規のステーキングを受け付け停止し、6月後半には自動的にステーキングを解除、8月には完全にサポート終了することを提案している。

なお3月10日現在、この提案は議論の段階であり、可決されたものではない。

「リド」は今年利用者を大きく伸ばしており、1月時点でDeFiプロトコルの中でトップの総預かり資産額(TVL)を記録している。2月25日にはプロトコル絵の入金量が急増したことにより一時的に入金を停止する安全装置が発動している。

関連ニュース

参考:Lido
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ