Lido、流入量急増によりデポジット一時停止する安全装置作動

Lidoの流入量が急増し、デポジットが一時停止に

イーサリアム(Ethereum)のリキッドステーキングサービス「リド(Lido)」において1日あたりのデポジット量が上限を超えたため、「ステーキングレートリミット(Staking Rate Limit)」と呼ばれる安全装置が発動した。「リド」開発元のリドファイナンス(Lido Finance)より2月25日発表された。

リド」は、流動性を維持したままイーサリアムのステーキングを行うことができるサービスである。ユーザーは「リド」にETHをデポジットし、「リド」はその量に応じてstETHと呼ばれるトークンをユーザーに付与する。さらにリドはユーザーから集めたETHをイーサリアムのビーコンチェーンにステークし、そこで得られたステーキング報酬をユーザーに分配する仕組みとなっている。

リドファイナンスによると、「リド」では1日にデポジット可能なETHの量の上限値を15万ETHとしており、これを超えると新たなデポジットが一時的に停止される仕組みを採用しているとのこと。この上限値は「直近24時間のデポジット量」に対して設定されるため、ブロックが追加されるごとにデポジット可能容量が解放されていくとのことだ。

「ステーキングレートリミット」が作動することにより、大々的にデポジットの停止を行うことなく、stETHの急激な発行によるステーキング報酬の希薄化などの問題に対処することができるという。今回初めてこの上限値を超えるデポジットが行われたが、正常に「ステーキングレートリミット」が発動したとのことだ。

現在「リド」には約563万ETHがデポジットされており、「リド」はイーサリアムのリキッドステーキングサービスの中で約75%のシェアを占めるプロトコルとなっている。またリドファイナンスは、今年3月に実施される予定のイーサリアムのシャペラ(Shapella)アップグレードに合わせて、出金機能(stETHとETHの交換機能)を実装する計画を発表している。

拡大するリキッドステーキングサービス

Defiラマ(DefiLlama)によると、現在イーサリアムの総ステーク量は約270億ドル(約3.7兆円)に相当する1686万ETHとなっており、そのうちリキッドステーキングサービスを介したステーク量は約44%の756万ETH(約1.6兆円)となっている。

またDeFi全体で見ると、リキッドステーキングサービスは分散型取引所(DEX)に次いで2番目に大きなTVL(約2兆円)を持つカテゴリとなっており、その存在感を強めている。

関連ニュース

参考:Lido FinanceDefiLlama
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SasinParaksa

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表