SBI VCトレードがチューリンガムと業務提携、「SBI Web3ウォレット」活用領域を拡大へ

SBI VCトレードがチューリンガムと協業開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードが、ブロックチェーンシステム開発のチューリンガムとの業務提携を2月27日発表した。

この提携により両社は、SBI VC トレード提供の「SBI Web3ウォレット」サービスと、チューリンガムのもつweb3およびGameFi(ゲーム×金融)領域のノウハウを融合させるとのこと。それにより、パブリックチェーンでのNFT活用ビジネスを検討しているIP保有企業やゲーム企業のweb3およびGameFi領域参入を促進し、NFT取引のマスアダプションを目指すという。

「SBI Web3ウォレット」は、パブリックチェーン上でのNFT事業展開において、事業者及びユーザーが暗号資産を持たなくとも、日本円だけでオンチェーンNFTの売買が可能となるサービスだ。SBI VCトレードがSBI NFTとGincoと共に開発し、1月25日より提供開始している。現在はポリゴンネットワーク(MATIC)のみの対応となるが、今後はマルチチェーン対応や、NFT活用のブロックチェーンゲームやNFTマーケットプレイスなどdAppsの拡大を進めていくとされている。

なおチューリンガムは1月20日、ポリゴンスタジオ(Polygon Studios)と協業開始したことを発表していた。

関連ニュース

参考:SBI VCトレード
デザイン:一本寿和

images:iStocks/wacomka・Ninja-Studios

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに

アニモカブランズ(Animoca Brands)が、メッセージングアプリ「テレグラム(Telegram)」開発の分散型プラットフォーム「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」の最大のバリデータとなり、TONエコシステムのミニアプリ「トンプレイ(TON Play)」へ出資したことを11月28日発表した

【11/30話題】大和証券らがパブリックチェーンで証券トークン、バイナンス宣伝でクリスティアーノロナウドへ集団訴訟など

大和証券グループとGinco、パブリックチェーンで証券トークン発行の概念実証へ、クリスティアーノロナウド、バイナンスの未登録有価証券宣伝したとして集団訴訟される、フィリピンSECがバイナンスの未登録運営を警告、アクセス遮断へ、コインベースがバイビット捜査関連でCFTCから召喚状、一部ユーザーに警告も、米財務省がビットコインミキシング「Sinbad」制裁、北朝鮮ラザルスとの関係疑惑で、スペイン財務局、国外保有の暗号資産が約807万円で納税申告義務化へ、ソラミツ、ソロモン諸島中央銀行と中銀デジタル通貨の実証実験を実施、パクソス、アブダビでステーブルコイン発行の原則承認取得、暗号資産サービス提供も、ジャックドーシー、ビットコイン分散型マイニングプール「OCEAN」に出資、ソラナ基盤のステーキングプロトコル「Jito」、独自トークンJTOのエアドロップ実施へ

Sponsored

大和証券グループとGinco、パブリックチェーンで証券トークン発行の概念実証へ

大和証券グループ本社、大和証券、Fintertech(フィンターテック)、Ginco(ギンコ)が、パブリックブロックチェーンにおけるセキュリティトークン(ST:証券トークン/デジタル証券)の発行および発行プラットフォームの開発に向けた概念実証の実施予定を11月30日発表した