チューリンガムがポリゴンスタジオと協業開始、企業のポリゴン(MATIC)導入の支援強化へ

チューリンガムがポリゴンと協業開始

ブロックチェーンシステム開発のチューリンガムが、ポリゴンスタジオ(Polygon Studios)との協業開始を1月20日発表した。

この協業によりチューリンガムは、ブロックチェーンゲーム等のweb3開発に取り組む顧客へのポリゴン(MATIC)のブロックチェーン導入支援を行っていくとのことだ。

チューリンガムは、様々なブロックチェーン上でのトークンアーキテクチャ構築やコントラクト開発を実施する企業だ。なお同社は、クリエイターコミッションサービス「Skeb(スケブ)」が国内でIEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)の準備を進めている暗号資産(仮想通貨)「スケブコイン:Skeb Coin(SKEB)」の開発や、それに付随するスマートコントラクトの開発なども支援している。

リリースによればチューリンガムは、国内外におけるポリゴンブロックチェーンの拡大を受け、海外展開を見据えたweb3プロジェクトへのポリゴン導入サポート体制を強化するために、今回協業を開始したとのことだ。

ポリゴンスタジオは昨年11月、ゲーム開発企業Thirdverse(サードバース)との協業を発表。Thirdverseの子会社らがローンチしたブロックチェーンゲーム『キャプテン翼 -RIVALS-』へポリゴンが採用された。

その他に大手企業として米スターバックス(Starbucks)や大手スポーツブランドの「Nike(ナイキ)」、大手芸能事務所アミューズなどがポリゴンを採用している。

関連ニュース

【音声レポ】web2からweb3へのトランスフォーメーション(Aggre / Alex Kehr / 石濵嵩博 / 三瀬修平 / 六人部生馬)

コミッションサービス「Skeb」のスケブコイン(SKEB)、フォビグローバルに上場へ

【取材】UPBOND、電通デジタルとポリゴン(MATIC)と協業

NFTマーケットプレイス「Rarible」、マーケットプレイスビルダーにポリゴン(MATIC)追加

ThirdverseがPolygon Studiosと提携、キャプテン翼ゲームにもポリゴン(MATIC)採用

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない