スクエニ、ゲーム向けビットコイン決済提供「Zebedee」へ出資

スクエニがゲーム向けBTC決済プロパイダーへ出資

スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX)が、ゲーム業界向けビットコイン(BTC)決済システムを提供する米ゼベディー(Zebedee)へ出資していたことが分かった。

ゼベディー、シリーズBのラウンドで3500万ドル(約48.2億円)の資金調達を完了したことを7月19日発表した。このラウンドはキングスウェイキャピタル(Kingsway Capital)が主導、スクウェア・エニックスや米投資銀行レイン(The Raine Group)、既存投資家であるスイスVCのレイクスター(Lakestar)と英VCイニシャルキャピタル(Initial Capital)が出資参加したとのこと。

ゼベディーは2019年10月に設立し、2021年9月にシリーズAの資金調達を実施。今回のラウンドまでに約5,000万ドル(約69.5億円)を調達している。なおシリーズAラウンド以降のユーザー数は10倍に増加したとのことだ。

ゼベディーは今回の資金調達により、ゲーム開発者向けに特化したクラス最高のインフラ、ツール、サービスを拡大するとしている。

ゼベディー(Zebedee)とは

ゼベディーは、ビットコインのライトニングネットワーク(LN)を活用して、ゲームにマイクロペイメントの仕組みを追加できる基盤やAPIを開発者向けに提供している企業だ。ゲームプレイヤー向けにもこの仕組みに対応したウォレットアプリも提供している。

ゲーム開発企業がゼベディーの基盤をゲームに導入することで、プレイヤーがゲーム内で稼いだポイントなどをビットコインとして提供できるようになるとのこと。「スーパーマリオがジャンプして獲得するコインがリアルマネーとなり、プレイヤーは即座に受け取り、使用も可能になる」という例が挙げられている。

実際の平均トランザクションサイズ(ナノペイメント)は0.08ドル(約11円)。現在サポートされている最小額は0.0002ドル(約0.03円)とのことだ。

またスクウェア・エニックスは昨年11月に公開した第2四半期決算説明会資料にて、NFTやブロックチェーンゲームへの本格参入を検討する旨などを説明していた。国内ではNFTデジタルカード「資産性ミリオンアーサー」を国内NFTゲーム企業であるdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ:DJT)と共同開発し、提供している。

関連ニュース

スクエニ、エイベックス、SHIBUYA109、日本企業の「The Sandbox」参入相次ぐ

スクエニ出資のNFTマーケットプレイス運営企業、KDDI、講談社、DNPより4.5億円資金調達

スクエニ、NFT事業化とブロックチェーンゲームへの注力を発表

double jump. tokyoがスクウェア・エニックスとNFTコンテンツ開発で協業発表

スクウェア・エニックスとの提携、そして思い描くブロックチェーンゲームとNFTが作る新たな世界(double jump. tokyo上野広伸)

参考:ZEBEDEE
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・AntonioSolano

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored