スクエニ、NFT事業化とブロックチェーンゲームへの注力を発表

スクエニ、NFT事業化とブロックチェーンゲームへの注力を発表

スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX)がNFTを本格的な事業化フェーズに移行させていることが11月5日に分かった。

スクウェア・エニックスは11月5日に公開した第2四半期決算説明会資料にて、NFTやブロックチェーンゲームへの本格参入を検討する旨などを説明している。

NFTの実証実験としてスクウェア・エニックスはNFTデジタルカード「資産性ミリオンアーサー」から着手し、NFTと自社の事業アセットとのシナジー効果について調査したとのこと。

なお10月14日に販売した「資産性ミリオンアーサー」のNFTは、すでに完売している。

そして、スクウェア・エニックスはNFTと自社のアセットとの高い親和性を認識し、本格的な事業化フェーズに移行したとのことだ。

またブロックチェーンゲームを含めたデジタルエンタテイメントを取り巻く環境変化についても資料では説明されている。ゲームの遊ばれ方とテクノロジーの進化が環境変化の要因とのことだ。

ゲームの遊ばれ方としては、マルチプレイ・カジュアルゲームの隆盛、ユーザ参加型(インタラクティブ)、コミュニティ形成について記載されている。

またテクノロジーの進化に関しては、NFTの普及、トークンエコノミーの浸透、拡大、クロスボーダー/クロスプラットフォームについて記載されている。

つまりスクウェア・エニックスはゲームそのものも中央集権型から分散型へと更なる広がりをみせていると考えており、トークンエコノミーを前提としたブロックチェーンゲームに今後注力していくとのことだ。

ちなみにスクウェア・エニックスはブロックチェーンゲームの開発・運用を行うdoublejump.tokyo(ダブルジャンプトウキョウ)と「資産性ミリオンアーサー」の開発を行なった。

そしてその提供プラットフォームは「LINE Blockchain」であった。

参考:スクウェア・エニックス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・Adrian-Vidal

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している