バイナンスにクサマパラチェーンのムーンリバー(MOVR)上場へ

バイナンスにMOVR上場へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に、暗号資産ムーンリバー:Moonriver(MOVR)が新たに上場することが11月8日分かった。

「Binance.com」での暗号資産上場は10月11日に取引が開始したスーパーレア:SuperRare(RARE)以来となる(イノベーションゾーン除く)。

発表によるとMOVRは11月8日6:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されるとのこと。取引ペアについてはMOVR / BTC、MOVR / BNB、MOVR / BUSD、およびMOVR / USDTとなっている。

なおMOVRの入金については取引の準備の為に既に可能となっており、引き出しについては11月9日6:00より開始される。

ムーンリバーは、ポルカドット(Polkadot)の試験的ネットワークとして利用されるクサマネットワーク(Kusama Network)上でイーサリアム互換のブロックチェーン環境をサポートするプロジェクトであり、クサマパラチェーンのひとつだ。ムーンリバーの本番ネットワークはムーンビーム(Moonbeam)である。MOVRは、ネットワークのユーティリティおよびガバナンストークンであり、取引手数料の支払いや流動性の提供、ステーキングによる報酬の獲得に使用できる。

現在MOVRはクラーケン(Kraken)、クコイン(KuCoin)、エムイーエックスシー(MEXC)、ゲート(Gate.io)などで取引がある。本日バイナンスに上場が発表され、価格は25%増で約53,352円の値をつけている。時価総額は約1,180億円となっている(11/8 14:30コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

バイナンス、NFTマーケットプレイス「SuperRare」のトークン「RARE」上場へ

米クラーケンにMoonriver(MOVR)上場

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored