米バックト、イーサリアム対応へ

米バックト、イーサリアム対応へ

米デジタル資産サービス企業バックト(Bakkt Holdings, LLC)が、イーサリアム(ETH)の取り扱いを開始することが11月5日分かった。発表によると、近日中に取り扱い開始となるようだ。

バックトは米インターコンチネンタル取引所(ICE)の子会社で、機関投資家へ暗号資産のカストディサービスやデリバティブ取引を提供している他、企業や消費者へも決済サービスを始めとした暗号資産(仮想通貨)関連のサービスを提供している。なお先月には特別目的買収会社(SPAC)との合併により、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場している。

バックトではコンシューマー(消費者)向けにデジタル資産を購入、販売、保存、および使用できるようにするデジタル資産プラットフォームを提供しており、同プラットフォームにおいて暗号資産はビットコインのみが取り扱われていた。

発表によると今回のイーサリアム取り扱いは、「暗号資産に関する関心が高まっていることと、アセットとして採用されていること」から行われるとのこと。バックトは9月に「米国消費者暗号資産調査」を行い、回答者のほぼ半数が昨年中に何らかの形で暗号資産を購入したことが明らかになっているという。

関連ニュース

米バックト(Bakkt)、NY証券取引所に上場へ

「Bakkt」がグーグルと提携、バックトカードがGoogle Pay対応へ

参考:バックト
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している