バイナンス、NFTマーケットプレイス「SuperRare」のトークン「RARE」上場へ

バイナンス、「SuperRare」のトークン「RARE」上場へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に、暗号資産スーパーレア:SuperRare(RARE)が新たに上場することが10月11日分かった。

RAREは今年8月に発行された、人気のNFTマーケットプレイス「SuperRare」のガバナンストークン。RAREの保有者はSuperRareのプロトコルなどの変更案などに対して、賛否を投票する権利を保持できる。

「Binance.com」での暗号資産新規上場は10月7日に取引が開始したラディクル:Radicle (RAD:ラッド)以来となる。

発表によるとRAREは10月12日6:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されるとのこと。取引ペアについてはRARE/BTC、RARE/BNB、 RARE/BUSD、およびRARE/USDTとなっている。

なおRAREの入金については取引の準備の為に既に可能となっており、引き出しについては10月12日6:00より開始される。なお、現在RAREはユニスワップ(Uniswap)やスシスワップ(SushiSwap)、ゼロエックスプロトコル(0x Protocol)、1インチ(1inch Exchange)などの分散型取引所(DEX)で取引が行われている。

RAREの用途

現在SuperRareは「The SuperRare DAO」を創設しており、そのメンバーはRAREの保有者で構成されている。サイトによれば、「The SuperRare DAO」の目的は、デジタルネイティブな世代のために、芸術と文化の未来を定義していくこととのことだ。

そして「SuperRare DAO」のメンバーになると、プラットフォームを管理したり、マーケットプレイスのパラメーターをコントロールしたりできるようだ。 また「SuperRare」は「SuperRare2.0」構想を掲げており、8月に新たに「SuperRare Spaces」と呼ばれるアートギャラリーのような仕組みを取り入れるとのことも発表した。

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。