エルサルバドル、ビットコイン利益で動物病院設立へ

エルサルバドル、ビットコイン利益で動物病院設立へ

エルサルバドル政府が、ビットコインの運用で得た400万ドルの利益の一部を動物病院の設立に投資することが分かった。エルサルバドルのナイブ・ブケレ(Nayib Bukele)大統領が9日に発表した。

エルサルバドルのナイブ・ブケレ大統領(ロイター)

ビットコインは、エルサルバドルで法定通貨として認可された後、9月9日にその価値のほぼ10%を失った。しかし、この1週間で30%以上も急騰し、5月以来の高値を記録している。

議会が8月に認可したビットコイン・トラスト(ビットコイン信託)の残高は1億5,000万ドルだが、現在は400万ドルの「余剰金」があるとブケレ大統領は言う。

ブケレ大統領は「だから私たちは、そのお金の一部をこれに投資することにしました:私たちのペットのための動物病院です」とツイート。

ブケレ大統領、この動物病院で基本的な治療や救急治療、リハビリテーションなどのサービスを提供すると、その構想について詳細をツイートしている。

 

Reporting by Nelson Renteria; Writing by Stefanie Eschenbacher; Editing by William Mallard
翻訳:設楽悠介(あたらしい経済)
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。 
Top images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored