スクエニ、エイベックス、SHIBUYA109、日本企業の「The Sandbox」参入相次ぐ

「The Sandbox」への参入相次ぐ

スクウェア・エニックス、エイベックス・テクノロジーズ、SHIBUYA109エンタテイメントがそれぞれ、ブロックチェーンゲームプラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」で、新たな取り組みを行うことが3月1日相次いで発表された。

「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」はイーサリアムのブロックチェーン技術を基盤とした「ユーザー主導のゲームプラットフォーム」で、最近ではメタバースとして注目も集めている。「The Sandbox」には「ウォーキング・デッド(The Walking Dead)」、「スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)」、「アディダス(Adidas)」など多くのIPパートナーと提携している。これまでに4,000万ダウンロード、MAU(月間アクティブユーザー数)は最大100万人を超えた実績もある。

なお「The Sandbox」は企業評価額約5,700億円のユニコーン企業アニモカ・ブランズ(Animoca Brands)の子会社でもある。同社は2月、日本国内に戦略的子会社「Animoca Brands株式会社(Animoca Brands Japan)」を設立し、シードラウンドで約11億円(約1,000万ドル)の資金調達をしたことを発表している。

スクウェア・エニックスの取り組み

「The Sandbox」の発表によると、「The Sandbox」内にあるスクエニのLAND(土地)に2002年に発売されたアクションRPG「ダンジョン・シージ(Dungeon Siege)」をプレイできるLANDができるという。また同ゲームのキャラクターやアイテムが「The Sandbox」内で利用可能になるとのことだ。

なお「The Sandbox」は2020年3月にスクエニやB Cryptos株式会社らから合計で201万ドル(約2億2,000万円)の出資を受けている。

エイベックス・テクノロジーズの取り組み

エイベックス・テクノロジーズは本年度中を目途にテーマパーク「エイベックスランド(仮称)」を「The Sandbox」内にオープンすることを発表。

同社はこれに先駆け、3月3日22:00より「The Sandbox」内で実施される「Metavex District LANDセール」に参加するとのこと。

このセールでは、ピコ太郎、浜崎あゆみ(ayupan)、AmPm、大沢伸一(MONDO GROSSO)の4組のエイベックスアーティストの関連NFTアイテム計6点と、「エイベックスランド(仮称)」内で開催される初回イベントに参加できる「エイベックス パス」、「The Sandbox」内のLAND(土地)をセットにした「プレミアムLAND」が110組限定で販売されるとのこと。

販売されるNFTアイテムは「The Sandbox」内でアバターに装飾したり、コレクションNFTとしてLAND(土地)に置くことができるとしている。

SHIBUYA109エンタテイメントの取り組み

SHIBUYA109渋谷店などの商業施設を運営するSHIBUYA109エンタテイメントは、「The Sandbox」内に「SHIBUYA109 LAND」を開設することを発表した。

発表によると同社は2021年春からメタバース・NFT事業への参入検討を進めてきたとのこと。

今後はオリジナルNFT販売やNFTが手に入るミニゲーム、メタバース上での広告事業など、様々な展開を行っていくとしている。

なお発表には具体的な開始時期などの詳細の記載はなかった。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

スクウェア・エニックス、B Cryptosらがブロックチェーンゲーム企業アニモカブランズへ出資していたことが明らかに

アニモカブランズが日本進出、新子会社がシードラウンドで11億円調達

【解説】THE SANDBOX とは何か? メタバースとNFTの可能性

参考:スクエニエイベックスSHIBUYA109
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Svetlana-Borovkova・Peera_Sathawirawong

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【取材】zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored