JPモルガン、暗号資産不正対策ツール提供TRMに出資

JPモルガン、TRMに出資

暗号資産取引に関するセキュリティツールを提供するTRMが、JPモルガンチェースから出資を受けることを2月28日に発表した。なお出資額は明らかにされていない。

TRMは、暗号資産取引所や金融機関に対して、暗号資産関連の不正や金融犯罪を事前に検知できるツールを開発・提供する企業。具体的にはトランザクションの監視、異なるブロックチェーン間の資金移動の可視化、リスク評価などのツールを提供しており、これらは暗号資産取引所FTXやバイナンス(Binance)、また法執行機関による暗号資産関連犯罪の捜査などで採用されている。

TRMのCEOであるエステバン・カスタニョ(Esteban Castaño)氏は以下のようにコメントしている。

「今回の出資は、成長するクリプトエコノミーの重要性と、このエコシステムの成長を維持するための信頼性と安全性の構築の重要性を明確に示しています。私たちは、この機会を基に、すべての人にとってより安全なクリプトエコノミーを実現するために努力できることを嬉しく思います」

また、JPモルガンのブロックチェーン部門オニキス(Onyx)のCEOウマル・ファルーク(Umar Farooq)氏は以下のようにコメントしている。

「洗練された分析ソリューションを通じてクリプトエコシステムのセキュリティと統合を推進するTRMのビジョンは、コンプライアンスと安全性を備えたブロックチェーン製品を構築するというJPモルガンの野心と一致しています」

TRMは昨年12月にシリーズBラウンドで約63億円(6000万ドル)を調達した。このラウンドはTiger Globalがリードし、新たにAmerican ExpressのAmex Ventures、Visa、Citi Ventures,、DRW Venture Capital、Jump Capital、Marshall Wace、Block (元Square) 、PayPal Venturesなども参加した。

またTRMは、ソラナ(Solana)ブロックチェーンへの対応や、(ムーンペイ)MoonPayやサークル(Circle)らの新規顧客の獲得などもこの数か月で進めている。

参考:TRM
images:istocks/BadBrother・Falookii
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored