スクウェア・エニックス、B Cryptosらがブロックチェーンゲーム企業アニモカブランズへ出資していたことが明らかに

スクウェア・エニックス、B Cryptosらがブロックチェーンゲーム企業アニモカブランズへ出資していたことが明らかに

ブロックチェーンゲーム開発企業であるAnimoca Brandsが、同社子会社のTSB Gaming Ltdが昨年の第3四半期(7-9月期)において201万ドル(約2億2,000万円)の資金調達をしていたことを3月20日プレスリリースにて発表した。

TSB Gamingはプレイヤーが自分で世界を作って遊ぶMMOゲーム(大規模多人数同時参加型ゲーム)で、マインクラフトのブロックチェーン版とされる「The Sandbox」を開発する企業。今回調達した資金は同ゲームの開発に充てられるとのこと

資金調達は、現金83%、仮想通貨(ビットコインとテザー)17%の割合で、将来株式取得略式契約スキーム(SAFE)とThe Sandboxの独自トークン「SAND」の発行を通して行われた。

TSB Gaming Ltdへの出資は、株式会社スクウェア・エニックス、B Cryptos株式会社、Mindfulness Venture Fund I, L.P.、True Global Ventures 4 Plus Fund GPが行った。

Animoca Brandsのco-founderでありチェアマンであるYat Siu(ヤット・シウ)氏は「スクウェア・エニックスとB Cryptosからの出資は、The Sandboxの日本市場への展開に近づいた」とコメントしている。

なおリリースによると「The Sandbox」は2020年後半には正式リリースを予定しているとのことだ。

編集部のコメント

Animoca Brandsは昨年5月にF1とグローバルライセンスを締結して開発しているブロックチェーンレーシングゲーム「F1 Delta Time」も手掛けている企業です(なお正式リリースは未定です)。また「The Sandbox」においてもゲーム上の「LAND」のプレセールを行い累計で1,300 ETHを売り上げたとのことです。

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスの代表取締役社長である松田洋祐氏が1月1日に発表した年頭所感でブロックチェーンゲームについて言及しています。同氏は、2020年はテクノロジーを活用した新しいエンタテインメントの創造に、積極的に投資していくとし、「ブロックチェーンを活用したゲームも黎明期から脱し、徐々にその存在感を増しています。ブロックチェーン活用ゲームを投機の対象とせず、ユーザーのゲーム体験に新しい何かをもたらすことができるかが成長のカギであると考えています」と述べています。

将来株式取得略式契約スキーム(Simple Agreement for Future Equity : SAFE)とは、あらかじめ決められた購入金額を投資家が支払うことによって、会社側が当該投資家に対して当該会社の一定の株式に対する権利を一定の条件で発行するものです。この契約を取り交わした投資家は、同契約がディスカウント率が設定されていることから、一般投資家よりも有利な条件で当該会社の株式を取得することが可能となります。またこのスキームは、転換社債と類似していますが、転換社債があくまでも負債であるのに対して、この契約は負債ではないため利払いや満期は設定されません。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:LuckyStep48)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

(セキュリタイズのカントリーヘッドジャパンの小林英至氏コメント追記)米セキュリタイズがデジタル証券の発行から流通までサービス提供可能へ

米デジタル証券会社セキュリタイズ(Securitize)が米証券取引委員会(SEC)認可の代替取引システム(ATS)を持ち、米金融取引業規制機構(FINRA)登録のブローカー・ディーラーであるディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツ(Distributed Technology Markets/DTM)の買収について米規制当局の承認を取得したことを11月25日に発表した。これによりディストリビューテッド・テクノロジー・マーケッツはセキュリタイズ・マーケッツ(Securitize Markets)に改称され、セキュリタイズはデジタル証券発行から流通市場までのデジタル化をカバーすることが可能になる。

BNPパリバら銀行間デジタル通貨開発コンソーシアム組成、ISIDと旭化成BC農業データ流通基盤の実証実験、UCCがBCトレーサビリティ導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仏金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成、電通国際情報サービス(ISID)と旭化成が都内スーパーにてブロックチェーンを活用した農業データ流通基盤の実証実験開始、UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入、明治安田生命がアステリアのブロックチェーンを活用した株主総会ソリューションを採用、露首相がデジタル金融資産を財産として扱うと発言、グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入

UCCホールディングス株式会社のヨーロッパ関連会社UCC Coffee UK LTDがコーヒーのトレーサビリティープラットフォームである「ファーマー・コネクト(farmer connect)」と提携し、オラウータンコーヒー(Orang Utan Coffee)のためのブロックチェーントレーサビリティーソリューション「サンク・マイ・ファーマー(Thank My Farmer)」を開始したことを11月25日に発表した。「Thank My Farmer」はIBM Blockchainを利用している。

グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

グローバル法律事務所DLAパイパー(DLA Piper)が同社の子会社でデジタルビジネスソリューションの設計及び開発を行うアルダーズゲートDLS(Aldersgate DLS)と共同で、デジタル資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を立ち上げたことを11月24日に発表した。

仏の金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成

フランスの3つの主要銀行であるBNP Paribas、Crédit Agricole、Caisse des Dépôts(預金供託金庫)とセキュリティ・トークン・プラットフォームのトークニー(Tokeny)や開発企業ブロックチェーン・エックスデブ(The Blockchain Xdev)がセキュリティートークン(デジタル証券)を決済するための銀行間デジタル通貨の開発を目的としたコンソーシアムを立ち上げたことを11月26日にLedgerinsightsが報じた。

韓国KTが地域通貨利用のオンラインモールローンチへ、韓国暗号資産税制の施行が延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定、韓国の暗号資産(仮想通貨)税制の施行時期が取引所の事業準備期間の懸念により2022年まで延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスとNFTマーケットプレイス事業において連携開始、LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施