スクウェア・エニックス、B Cryptosらがブロックチェーンゲーム企業アニモカブランズへ出資していたことが明らかに

スクウェア・エニックス、B Cryptosらがブロックチェーンゲーム企業アニモカブランズへ出資していたことが明らかに

ブロックチェーンゲーム開発企業であるAnimoca Brandsが、同社子会社のTSB Gaming Ltdが昨年の第3四半期(7-9月期)において201万ドル(約2億2,000万円)の資金調達をしていたことを3月20日プレスリリースにて発表した。

TSB Gamingはプレイヤーが自分で世界を作って遊ぶMMOゲーム(大規模多人数同時参加型ゲーム)で、マインクラフトのブロックチェーン版とされる「The Sandbox」を開発する企業。今回調達した資金は同ゲームの開発に充てられるとのこと

資金調達は、現金83%、仮想通貨(ビットコインとテザー)17%の割合で、将来株式取得略式契約スキーム(SAFE)とThe Sandboxの独自トークン「SAND」の発行を通して行われた。

TSB Gaming Ltdへの出資は、株式会社スクウェア・エニックス、B Cryptos株式会社、Mindfulness Venture Fund I, L.P.、True Global Ventures 4 Plus Fund GPが行った。

Animoca Brandsのco-founderでありチェアマンであるYat Siu(ヤット・シウ)氏は「スクウェア・エニックスとB Cryptosからの出資は、The Sandboxの日本市場への展開に近づいた」とコメントしている。

なおリリースによると「The Sandbox」は2020年後半には正式リリースを予定しているとのことだ。

編集部のコメント

Animoca Brandsは昨年5月にF1とグローバルライセンスを締結して開発しているブロックチェーンレーシングゲーム「F1 Delta Time」も手掛けている企業です(なお正式リリースは未定です)。また「The Sandbox」においてもゲーム上の「LAND」のプレセールを行い累計で1,300 ETHを売り上げたとのことです。

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスの代表取締役社長である松田洋祐氏が1月1日に発表した年頭所感でブロックチェーンゲームについて言及しています。同氏は、2020年はテクノロジーを活用した新しいエンタテインメントの創造に、積極的に投資していくとし、「ブロックチェーンを活用したゲームも黎明期から脱し、徐々にその存在感を増しています。ブロックチェーン活用ゲームを投機の対象とせず、ユーザーのゲーム体験に新しい何かをもたらすことができるかが成長のカギであると考えています」と述べています。

将来株式取得略式契約スキーム(Simple Agreement for Future Equity : SAFE)とは、あらかじめ決められた購入金額を投資家が支払うことによって、会社側が当該投資家に対して当該会社の一定の株式に対する権利を一定の条件で発行するものです。この契約を取り交わした投資家は、同契約がディスカウント率が設定されていることから、一般投資家よりも有利な条件で当該会社の株式を取得することが可能となります。またこのスキームは、転換社債と類似していますが、転換社債があくまでも負債であるのに対して、この契約は負債ではないため利払いや満期は設定されません。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:LuckyStep48)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

BMWがBCトレーサビリティシステムPartChain拡大、電縁と東大が漁獲物BCトレーサビリティシステム実証実験開始、LayerX中村龍矢氏が執行役員に選任などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BMWがブロックチェーントレーサビリティシステム「PartChain」を拡大、電縁と東大がブロックチェーンを活用した漁獲物トレーサビリティシステムの実証実験を水産庁から受託し開始、LayerXがリードリサーチャー中村龍矢氏を執行役員に選任、ステイクがパリティテクノロジーズのサブストレートデリバリーパートナーに認定

(電縁取締役石原 玲一氏コメントあり)電縁と東大がブロックチェーンを活用した漁獲物トレーサビリティシステムの実証実験を水産庁から受託し開始

株式会社電縁が、ブロックチェーン活用の漁獲物トレーサビリティシステムの実展開に向け、国内漁場の流通実態調査及び実証実験を国立大学法人 東京大学大学院 農学生命科学研究科との共同提案により水産庁から受託し、作業開始したことを4月2日発表した

CoinbaseのDefiファンドがUniswapとPoolTogetherに投資、コインチェックの板取引でアルトコイン取扱開始、バイナンスがマイニングプールローンチへなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Coinbaseが運営するDefiファンドがUniswapに100万USDC、PoolTogetherに10万USDCを投資、コインチェックが板取引サービスでアルトコインの取り扱いを開始、バイナンスがマイニングプールをローンチすることをCZが明らかに、米マウントサイナイ病院がIBD患者のケアのため、ブロックチェーンを活用、ザイフが取り扱い通貨の上場を廃止へ