中国人民銀行が中国の2019年の決済手段に関するレポートを発表

中国人民銀行が中国の2019年の決済手段に関するレポートを発表

中国の中央銀行である中国人民銀行(PBoC)が2019年度の中国人の決済手段に関するレポートを発表。

2019年度、中国国内のモバイル決済における取引量(トランザクション量)は68%増加、その中で通貨「人民元」の取引金額は25.13%増加しているとのこと。

中国国民がモバイル決済に移行していることは明らかで、銀行カードを利用した現金引き出し取引が19%減少したとのこと。そして、ATMの数は1.56%減少し、POS機器は9.88%減少している。

ただ銀行口座と接続しているデビッドカードの普及率は49%と前年度と変わっていない。そして、デビットカードの新規発行数は11%伸び、クレジットカードの新規発行数も9%伸びている。

ちなみにレポートによると、中国国民1人あたりのデビッドカード数は6つで、銀行口座数は8つとなっている ・そして、中国と他国との決済では、人民元建ての支払額は34兆人民元(4.76兆ドル)で、取引数は30.64%、金額では28.28%の年間成長を示した。

編集部のコメント

中国がデジタル人民元(DCEP)の開発を進めている理由は大きく分けて2つあります。それは、国民の現金使用量の減少とグローバルなペイメントシステムへの対抗だと考えられています。そして、今回のレポートを通して、中国国民の現金使用量が減少していることが明らかとなりました。

あたらしい経済編集部は2020年末に、中国がDCEPを発行するのではないか、と考えています。

ちなみに、中国国民の1人あたりの銀行口座数が8口座となっていますが、日本は、国民一人当たりの銀行口座数が10口座ということが、日本銀行のレポートによって明らかになっています。

https://www.boj.or.jp/announcements/press/koen_2017/data/ko171129a2.pdf

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

イメージ(stockdevil,antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

BMWがBCトレーサビリティシステムPartChain拡大、電縁と東大が漁獲物BCトレーサビリティシステム実証実験開始、LayerX中村龍矢氏が執行役員に選任などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

BMWがブロックチェーントレーサビリティシステム「PartChain」を拡大、電縁と東大がブロックチェーンを活用した漁獲物トレーサビリティシステムの実証実験を水産庁から受託し開始、LayerXがリードリサーチャー中村龍矢氏を執行役員に選任、ステイクがパリティテクノロジーズのサブストレートデリバリーパートナーに認定

(電縁取締役石原 玲一氏コメントあり)電縁と東大がブロックチェーンを活用した漁獲物トレーサビリティシステムの実証実験を水産庁から受託し開始

株式会社電縁が、ブロックチェーン活用の漁獲物トレーサビリティシステムの実展開に向け、国内漁場の流通実態調査及び実証実験を国立大学法人 東京大学大学院 農学生命科学研究科との共同提案により水産庁から受託し、作業開始したことを4月2日発表した

CoinbaseのDefiファンドがUniswapとPoolTogetherに投資、コインチェックの板取引でアルトコイン取扱開始、バイナンスがマイニングプールローンチへなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Coinbaseが運営するDefiファンドがUniswapに100万USDC、PoolTogetherに10万USDCを投資、コインチェックが板取引サービスでアルトコインの取り扱いを開始、バイナンスがマイニングプールをローンチすることをCZが明らかに、米マウントサイナイ病院がIBD患者のケアのため、ブロックチェーンを活用、ザイフが取り扱い通貨の上場を廃止へ