SteemitのSteemがハードフォークし新たにHiveが誕生

SteemitのSteemがハードフォークし新たにHiveが誕生

ブロックチェーンを活用したブログプラットフォーム「Steemit」で利用されているトークン(仮想通貨)Steemのハードフォークが3月20日に実施された。それに伴い新たなトークン「Hive」が誕生した。

今回のハードフォークの経緯としては、2月14日にトロン財団が「Steemit」を提供するSteemit Inc.との提携/買収を発表したことがきっかけとなった。これによってSteemitで発行されていた独自トークンであるSteemがトロンのブロックチェーンベースに移行されることになった。

SteemはコンセンサスアルゴリズムDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しており、多くのトークンを保有者がコミュニティ内での影響力を持つことになる。そのため「Steemit」コミュニティではトロン財団によりSteemが大量保有され分散性が損なわれることを懸念し、それらのトークンの投票権を凍結させるソフトフォークを提案、実装した。

それに対しトロン財団の「Steemit」チームは、Binance、Huobi Global、Poloniexなどで管理されていたトークンを使って投票権を確保しSteemブロックチェーンの支配を試みた。

トロン財団の公式medium「The Truth Behind “Steem Takeover”」によると、トロン財団はSteemをトロンベースに移行するためのハードフォークを実施。しかしその際に「Steemit」コミュニティ側が6,500万Steemを凍結していた。

Blocktradesの設立者で、Steemの委任者の一人のDan Notestein氏が、ハードフォークの計画を発表。それがコミュニティの賛同を得て、凍結されたSteemによってハードフォークが3月20日に実施された。

このハードフォークにより、従来の「Steemit」と類似したもう一つのチェーン、プラットフォームである「Hive」が生まれた。今後は「Steemit」「Hive」とそれぞれが独立した別のプラットフォームとして運営されていくことになる。

編集部のコメント

Steemitは2016年7月に設立された次世代型のSNSブログサービスです。Steemitの特徴として、テキスト情報がブロックチェーン上に書き込まれることで記事の履歴が消せないことと、記事の投稿や評価コメントなどをすることで報酬として独自トークンのSteemなどが得られることがあげれれます。

Steemitは、そもそも分散性を重視したプロジェクトであったわけですが、今回の一連の騒動を見ると改めて分散型のサービスを維持すること、そしてガバナンスの設計の難しさを考えさせられます。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:Ilya-Boldenkov)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した