歩数に応じてトークン獲得できるSweatcoin(SWEAT)、約17億円調達

Sweatcoin(SWEAT)、約17億円調達

フィットネスアプリ「スウェットコイン(Sweatcoin)」を開発する「スウェットエコノミー(Sweat Economy)」が、プライベートトークンセールなどを通して1,300万ドル(約17億円)の資金調達を完了したことを7月28日に発表した。なお独自トークンの「SWEAT」は、今年の9月12日に発行されることが明らかになっている。

今回の資金調達には、エレクトリック・キャピタル(Electric Capital)、スパータン・キャピタル(Spartan Capital)、OKX ブロックドリームベンチャーズ(OKX Blockdream Ventures)、スイスボーグベンチャーズ(Swissborg Ventures)、GSRベンチャーズ(GSR Ventures)などが参加した。

現在「スウェットコイン」は、日々の歩数に応じてオフチェーンのトークン「SWEAT」をユーザーに還元している。ユーザーは「SWEAT」を活用することで、商品の割引購入やチャリティーに寄付することができる。

なおリリースによれば「スウェットコイン」は、2022年に世界で最もダウンロードされているヘルス&フィットネスアプリとなっており、1億人以上のユーザーを抱えているという。ちなみに「スウェットエコノミー」は2015年に設立された企業だ。

スウェットエコノミーの共同設立者オレグ・フォメンコ(Oleg Fomenko)氏は、次のようにコメントしている。

「私たちはこの分野での深い経験とゲームを変えるようなスタートアップへの投資と支援の実績を持つ著名な投資家グループと提携できることを嬉しく思っています。これらのパートナーは、次の10億人をweb3に導くという私たちのビジョンを支持してくれており、Sweat Economyがその目標を実現する上で重要な役割を果たすと確信しています」

参考:Sweat Economy
デザイン:一本寿和
images:iStocks/william87

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored