米マイアミ市NFT販売へ、TIME・マスターカード・セールスフォースと提携

マイアミ市がNFTリリースでTIME・Mastercard・Salesforceと提携

米フロリダ州マイアミ市が、タイム(TIME)・マスターカード(Mastercard)・セールスフォース(Salesforce)と提携し、NFTコレクションをリリースすることを7月28日発表した。

発表によるとこのNFTの保有者には、マイアミ市内の地元レストランで行われるイベントや文化施設でのプライベートツアーなどの体験ができる、「プライスレス・マイアミ・プログラム」への参加が提供されるという。

なおマイアミ市のNFTは約5,000個発行される予定とのこと。同市の面積56平方マイルにちなみ、56名の地元アーティストを募集しNFTのデザインを依頼するとのことだ。なおNFTのミント(発行/鋳造)にはイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンが利用される。

販売時期については、イーサリアムが大型アップデート「ザ・マージ」を実施し、コンセンサスアルゴリズムがPoW(プルーフオブワーク)からPoS(プルーフオブステーク)へ移行完了した後となる12月を予定しているとのこと。マイアミ市はPoS移行後のNFT販売により「炭素排出量は推定99%以上削減される予定」と説明している。なおNFTに関するその他詳細については、今後数ヵ月の間に発表される予定とのことだ。

今回マイアミ市が提携した3社の役割として、セールスフォースがNFTのミント及び販売を担当し、タイムが今回のプロジェクトの戦略指導やクリエイティブ開発などを担当する。またマスターカードはNFT保有者が参加できるようになる「プライスレス・マイアミ・プログラム」を提供するとのことだ。なおNFTのミントと販売には、まだリリースされていないセールスフォースのNFTクラウドプラットフォームが利用されるとのことだ。

マイアミ市長であるフランシス・X・スアレス(Francis X. Suarez)氏は今回の取り組みについて「TIME、Mastercard、Salesforceと提携し、この取り組みを行うことになり、大変うれしく思っています。マイアミ市はWeb3革命の先駆者であり、今後もこれらの新しい技術を採用し、既存のビジネスをサポートしながら新しいビジネスを誘致し、資金を集め、市民やこの素晴らしい都市を訪れる人々に体験を提供します。同時に、この斬新なアプローチで地元のアーティストやチャリティを支援することもできるのです」とコメントしている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

マイアミの人気ナイトクラブ、BAYCを約4,500万円で購入

FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始

【解説】マイアミコインとは何か? シティコインの可能性

次期ニューヨーク市長、ビットコインで給与受け取りを宣言。マイアミ市長を意識

米マイアミが「マイアミコイン」のマイニング開始へ、保有者にはBTCとSTXの利回り報酬も

参考:マイアミ市
デザイン:一本寿和
images:iStocks/aoldman

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored