スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与

スウェットウォレットに「Learn and Earn」機能追加

フィットネスアプリ「スウェットコイン(Sweatcoin)」の独自ウォレット「スウェットウォレット(Sweat Wallet)」に、新機能「Learn and Earn(ラーンアンドアーン:学んで稼ぐ)」が追加された。「スウェットコイン」運営のスウェットエコノミー(Sweat Economy)が2月6日発表した。

この機能は「スウェットウォレット」画面の下部に「Learn」として表示されている。現状では「Why are we here? Digital ownership:なぜ私たちはここに? デジタル所有権」、「What is SWEAT?:SWEATとは?」、「Growing your SWEAT:SWEATを育てよう」、「How do we selt-custody:どのようにセルフカストディするのか」といった、4つの学びコンテンツが提供されている。

それぞれのコンテンツでは、選んだテーマに関する知識が数ページにわたり提供されており、最後に四択のクイズに回答し正解することで、「スウェットコイン」の独自トークン「スウェットエコノミー:Sweat Economy (SWEAT:スウェット)」が1SWEAT付与される仕組みとなっている。

なお記事執筆時点(2/7 11:30)で1SWEATを歩いて獲得するには約2,741歩必要だ(日々獲得歩数が上昇する仕組み)。

また「Learn and Earn」機能は、他のweb3プロジェクトが自身のブランド認知度向上のためにユーザーに向けてコンテンツを発信できる仕組みとのこと。「スウェットコイン」は1億人以上のユーザーが利用しているといわれているため、この機能をweb3プロジェクトが使用できるのは価値があると、スウェットエコノミーは説明している。

「スウェットウォレット」はニア(NEAR)ブロックチェーンベースのトークンをユーザー自らが管理できるセルフカストディウォレットだ。このウォレットでは先週からポートフォリオ機能が追加されている。なお筆者が同機能を確認したところガス代として0.04NEARがエアドロップされていた。

関連ニュース

スウェットコイン、SWEAT稼げるNFTゲーム「Sweat Hero」β版ローンチへ

スウェットコイン発行難易度が4倍に、1SWEAT発行に1日12歩が加算

スウェットコイン(SWEAT)ローンチ後、MEXC・Gate・Uniswapでも上場

バイナンスが「Learn and Earn(学んで稼ぐ)」プログラム、報酬に暗号資産

結果だけでなくプロセスも評価するweb3開発者支援「進捗2Earn」、6ヶ月で3,000万円給付、shiftbase/UNCHAINが発表

参考:スウェットコイン
デザイン:一本寿和

images:iStock/metamorworks

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察