LayerZero、FTXやAlamedaが保有の同社株式やトークン買い戻し

LayerZero、FTXやAlamedaが保有の同社株式やトークン買い戻し

ブロックチェーンのインターオペラビリティプロトコルを開発するレイヤーゼロ(LayerZero Labs)が、FTXやFTXベンチャーズおよびアラメダ(Alameda)が保有するレイヤーゼロの株式、トークンワラントなど、FTXらとの間の合意事項を全て買い戻したことを11月10日明らかにした。レイヤーゼロ創業者でCEOのブライアン・ペレグリノ(Bryan Pellegrino)氏がツイートで明かした。

レイヤーゼロは、今年3月にFTXベンチャーズ、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)、セコイアキャピタルが主導したシリーズA+ラウンドで1億3,500万ドル(約165億円)を調達していた。

ちなみにレイヤーゼロラボは、様々なブロックチェーンのサイロ化を解決するために、強力で低レベルの通信システムを提供している。そしてその上に多様なクロスチェーンアプリケーションを構築する設計で、マルチチェーンプロトコルの「オムニチェーン相互運用プロトコル(Omnichain’ Protocol)」を開発している。

なおペレグリノCEOは現在のレイヤーゼロの財務状況も合わせてツイートで明かした。「現在直接現金残高で1億700万ドル、オンチェーン資金で2,700万ドル(90%がステーブルコイン)、合計で1億3400万ドルを保有している。またFTXで運用されていた1,150ドルがあるが、当面FTXの運用資金を0ドルとして評価する」と同氏は説明している。

参考:LayerZero
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Wiphop-Sathawirawong

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ