ChatGPTのサム・アルトマンら開発「Worldcoin」が約160億円の資金調達、Blockchain Capital主導で

「Worldcoin」が約160億円の資金調達

Worldcoin(ワールドコイン)が、シリーズCラウンドで1億1500万ドル(約160.8億円)の資金調達を実施した。

同ラウンドは、Blockchain Capital(ブロックチェーンキャピタル)主導のもと、a16z crypto(アンドリーセンホロウィッツ・キャピタル)、Bain Capital Crypto(ベインキャピタル・クリプト)、Distributed Global(ディストリビューテッド・グローバル)らも出資参加している。

ワールドコインは、AIチャットボットサービス「ChatGPT」を提供するOpenAI(オープンエーアイ)の共同創業者サム・アルトマン(Sam Altman)氏が、物理学者のアレックス・ブラニア(Alex Blania)氏と共に開発を進めているプロジェクトだ。

ワールドコインは、「ユニークな個人であるというだけで」暗号資産(仮想通貨)を人々に配布することを目的とするプロジェクト。虹彩をスキャンする装置を使って本人確認を行い、その後、暗号資産を無料で配布している。

ただしワールドコインは、プライバシーのリスクがあるとの批判にさらされている。2021年にプロジェクトを紹介したアルトマン氏のツイートに対し、元米情報機関契約者のエドワード・スノーデン(Edward Joseph Snowden)は「目玉をカタログ化するな」とつぶやいた。

なおワールドコインのウェブサイトによると、この暗号資産は米国やその他一部の国の人々には提供されないという。

暗号資産・デジタルアセットの分野は、サム・バンクマン=フリード(Sam Bankman-Fried)氏のFTXの壮絶な破産を含め、いくつかの暗号資産のベンチャー企業が崩壊した2022年以降、人気の回復を目指している。

アルトマン氏と「ChatGPT」を支えるスタートアップのオープンエーアイは、人工知能への関心が飛躍的に高まる中、昨年末から注目を浴びている。彼は先週、米上院の委員会で証言し、この技術に対する規制を訴えた。

関連ニュース

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
OpenAI’s Sam Altman raises $115 million for Worldcoin crypto project
Reporting by Jaiveer Singh Shekhawat in Bengaluru and Krystal Hu in New York; Additional reporting by Niket Nishant; Editing by Shounak Dasgupta
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/16話題】イーサリアム現物ETFは23日取引開始か、メタプラネットが今月3度目のビットコイン追加購入など(音声ニュース)

イーサリアム現物ETF、23日取引開始か、米SECが暫定承認と業界筋、メタプラネット、今月3度目のビットコイン追加購入、合計保有数225.611BTCに、トランプ、副大統領候補に親クリプト派のJ.D.バンス上院議員を指名、北朝鮮ハッカー集団、盗んだ暗号資産をカンボジア決済会社通じ洗浄、ドイツ政府機関、ビットコインの売却を終了か、スクエニ、web3ゲーム「サッカーバース」の資金調達を主導、CompoundとCelerのウェブサイトがハッキング被害、DNSドメイン攻撃を受け、バイナンス、韓国取引所ゴーパックスの株式大半を売却へ=報道、ディーカレットDCP、デジタル通貨「DCJPY」のネットワークをリリース。取引開始は8月予定

Sponsored