HashKeyが評価額10億ドル規模の資金調達を計画か、香港デジタル資産推進の動き受け=報道

10億ドル超の評価額望むとも

暗号資産(仮想通貨)投資企業ハッシュキー(HashKey Group)が、香港のデジタル資産推進の動きを受け、資金調達を計画しているようだ。ブルームバーグが関係者の話をまとめる形で5月19日報じた。

報道によれば、ハッシュキーは1~2億ドル(約137.5億~275億円)の資金調達へ向け、初期段階の話し合いを行っているとのこと。同社は10億ドル(約1375.8億円)を超える評価額で資金調達を行いたいと考えているという。しかし関係者は、投資規模や評価額等の条件は未確定であるため変更される可能性もあると付け加えたとのこと。

ハッシュキーはブルームバーグの問い合わせに対し、コメントを控えているとのことだ。

香港拠点のハッシュキーは、暗号資産関連分野への投資やブロックチェーン技術の導入を支援している企業だ。また、取引所「ハッシュキープロ(HashKey PRO)」も展開している。

4月12日には同プラットフォーム用のネイティブトークン「HSK:HashKey EcoPoints」を発行することを発表。「HSK」トークンは、ハッシュキープロをはじめとした、ハッシュキーエコシステムでの利用報酬として配布される予定だ。

香港のライセンス制度について

香港は、暗号資産取引所などの暗号資産サービスプロバイダー(VASP)に対する新たなライセンス制度を導入する法案を昨年12月7日に可決。法律が施行されるのは2023年6月1日からで、VASPは香港証券先物委員会(SFC)にライセンスを申請する必要がある。

ハッシュキーの投資実績

ハッシュキーのベンチャー投資部門であるハッシュキーキャピタル(HashKey Capital)では、2018年の創業以来、ブロックチェーンおよび暗号資産企業のあらゆるステージで投資を行っており、顧客資産10億ドル以上を運用してきたという。

これまでの投資実績は、コスモス(Cosmos)、コインリスト(Coinlist)、アズテック(Aztec)、ブロックデーモン(Blockdaemon)、dYdX、アニモカブランズ(Animoca Brands)、マスクネットワーク(Mask Network)、ポルカドット(Polkadot)など。

また同社のファンドは、暗号資産など新興市場における機会の増大に焦点を当て、世界的に優れた暗号資産およびブロックチェーンのイニシアチブを推進するために資本投入していく方針だという。特に暗号資産領域のインフラ、ツール、アプリケーション領域に投資していくとのことだ。

関連ニュース

参考:ブルームバーグハッシュキー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BlackSalmon

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored