HashKeyがトークン「HSK」発行、ステーキング報酬や手数料割引に活用

HashKeyがトークン「HSK」発行を発表

香港を拠点にブロックチェーン技術の導入を支援するハッシュキーグループ(HashKey Group)が、プラットフォーム用ネイティブトークン「HSK:HashKey EcoPoints」を発行することを4月12日に発表した。

「HSK」トークンは、ハッシュキーが展開する取引所「ハッシュキープロ(HashKey PRO)」をはじめとした、ハッシュキーエコシステムでの利用報酬として配布される予定である。また今後は他のサービスの報酬プログラムにも採用され、配布が行われる予定だという。

またホワイトペーパーによると「HSK」トークンのユーティリティの一例として、「ハッシュキープロ」での取引手数料の割引や引き出し手数料の免除や、同社が提供するweb3パスポートが作成できるプラットフォーム「ハッシュキーDID(HashKey DID)」でのサービス料支払いや限定NFTの購入などへの利用が想定されている。また現在開発中である分散型取引所(DEX)「ハッシュキーDex(HashKey Dex)」でも利用できる予定とのことだ。

「HSK」トークンは、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンのトークン規格であるERC-20で発行されており、総発行枚数は10億枚に固定されている。またトークンのスマートコントラクトはブロックチェーン上のセキュリティを提供するスローミスト(SlowMist)によって監査されているとのこと。

「HSK」トークンは、その総供給量65%がエコシステムの成長に、30%がチームに、5%が予備資金に割り当てられている。なおハッシュキーは「HSK」トークンの発行のためにパブリックセールや資金調達を行っていない。

またハッシュキーは「HSK」トークンを定期的に買い戻しとバーン(焼却)を行うことを発表しており、将来的にはトークンの供給枚数が減少していくデフレモデルになるように設計されているとのことだ。

関連ニュース

参考:HashKey Group
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka・Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored