【取材】HashKey Capital、約640億円規模の暗号資産ファンドをクローズ

HashKey Capital、約640億円規模のファンドをクローズ

暗号資産(仮想通貨)投資企業ハッシュキーキャピタル(HashKey Capital)が、5億ドルを調達して3番目のファンドをクローズしたことを1月17日に発表した。

この「HashKey FinTech Investment Fund III」は、HashKey Groupがジェネラルパートナーとなり、政府系ファンド・企業・ファミリーオフィスなどの機関投資家も資本参加したとのことだ。

なお2018年の創業以来、ハッシュキーキャピタルはブロックチェーンおよび暗号資産企業のあらゆるステージで投資を行ってきており、顧客資産10億ドル以上を運用してきたという。

これまでハッシュキーキャピタルは、コスモス(Cosmos)、コインリスト(Coinlist)、アズテック(Aztec)、ブロックデーモン(Blockdaemon)、dYdX、アニモカブランズ(Animoca Brands)、マスクネットワーク(Mask Network)、ポルカドット(Polkadot)などに投資実績がある。

同社のファンドは、暗号資産など新興市場における機会の増大に焦点を当て、世界的に優れた暗号資産およびブロックチェーンのイニシアチブを推進するために資本投入していく方針だ。暗号資産領域のマスアダプションを生み出しうるインフラ、ツール、アプリケーション領域に投資していくとのことだ。

ハッシュキーキャピタルのCEOでハッシュキーシンガポールの責任者デン・チャオ(Deng Chao)氏は「ハッシュキーキャピタルは、少なくとも3つの業界サイクルを乗り越えてきました。これらのユニークな経験と洞察は、この荒波を乗り切る上で非常に貴重なものとなるでしょう。当社は、香港で暗号資産を含むファンド運用のライセンスを取得した数少ない投資家の1つであり、シンガポールでもファンド運用の原則的な認可を取得しています。ハッシュキーグループは暗号資産とブロックチェーン技術を早くから支援してきました。私たちはこの責任を引き続き担い、パートナーとともに業界の持続的成長のためのゴールドスタンダードを確立することを嬉しく思います」とコメントしている。

ハッシュキーグループの会長シャオ・フォン(Xiao Feng)博士は「業界関係者の多くは、ハッシュキーグループがブロックチェーンの世界的な投資のパイオニアであると認識していますが、ハッシュキーグループがイーサリアムの上海アップグレードという名前のインスピレーションになったことを認識している人は、ほとんどいません。イーサリアムの初期の機関投資家の1人として、またDevcon2の主催者として、ブロックチェーンと暗号資産の革新の力がより良い未来を生み出すことができるということを初日から主張してきました。Fund IIIは、私たちがこれまで培ってきた投資原則に従う一方で、この業界を次のステージに進めるゲームチェンジャーを探します」と伝えている。

加筆:1月19日16時35分

HashKey Capitalのジュピター・チェン氏へ取材

あたらしい経済編集部はHashKey Capitalのリサーチディレクターであるジュピター・チェン(Jupiter Zheng)氏へ取材を行った。

—暗号資産業界において、次のゲームチェンジャーは何だと思いますか?

暗号資産業界の「次のゲームチェンジャー」を1つ挙げるのは難しい作業ですが、いくつかのヒントを得ることはできます。 暗号資産業界には3つの革命があります。

当事者間の価値移転を容易にする貨幣革命、誰もが分散型金融サービスにアクセスできるようにするDeFiによる金融革命、人々が自分自身のデジタルアイデンティティとデジタル資産を所有できるようにするインターネット革命です。

これらすべての革命を可能にするレイヤーがインフラストラクチャーレイヤーであり、そこに次のゲームチェンジャーを見出すことができます。 ブロックチェーンインフラストラクチャ層。これらには、マネー、金融、インターネット革命のためのレールが含まれます。

ここでは、L0、L1、L2、データストレージ、プライバシー、ZK、MEV、相互運用性、開発者ツールなどが含まれます。これらの技術に目を光らせることは、次のゲームチェンジャーを見抜くために必須です。

—イーサリアムの現状、そして今後イーサリアムはどのように社会浸透していくと思いますか?

イーサリアムは間違いなく基礎となるレイヤーです。最大の開発者エコシステムと、何千ものdAppが存在する最大のdAppエコシステムがあり、日々の取引で何十億ドルもの資金を確保しています。

来るべきイーサリアムのアップグレードによって、ブロックチェーンはより分散化され、より安全で、よりスケーラブルになるでしょう(イーサリアムはすでにエネルギー効率が高いですしね)。

つまり、現在イーサリアムにはすでに大規模なdAppとDeFiのエコシステムが存在し、このエコシステムはイーサリアムネットワークの上に構築されているだけでなく、Arbitrum、Optimist、zkSync、Polygonなど、エコシステムに拡張性をもたらしセキュリティをイーサリアムに依存するL2(Layer 2)ソリューションが増えていると言えるのではないでしょうか?

このスケーラビリティは、シャーディングのアップグレードによってさらに向上し、イーサリアムのTPSを最大100000TPSまで引き上げることができる可能性があります。 これにより、取引手数料が大幅に削減され、ユーザビリティが向上し、ネットワークがさらに市場に浸透することが期待されます。

またイーサリアムは、すべてのDeFi活動の60%を占めており、DeFiオペレーションが人間ではなくスマートコントラクトに100%依存していることを忘れてはいけません。

これは従来の金融と比較した場合、巨大な市場/エネルギー/持続可能性の効率をもたらすことができます。スマートコントラクトベースのアプリケーションは、その運用においてスタッフへの依存度が非常に低い(あるいはゼロに近い)。

DeFiアプリケーションの性質上、世界中のどこでもほぼリアルタイムで決済を行い、24時間365日稼働することが可能です。

ブロックチェーン上のスマートコントラクトは、ブロックチェーンアプリケーションと分散型金融を完全に自動化します。 イーサリアムは、次の産業革命のインフラとして非常に有利な立場にあります。

—日本市場についてどう考えていますか?

日本市場は長年にわたり暗号資産にフレンドリーな市場であり、特に2016年以降はフレンドリーな規制で暗号資産業界を受け入れています。ビットコインは2017年に法的に受け入れられ始め、投資家保護を追加するために新しい規制が導入されました。

しかしFTXの崩壊のような最近の出来事は、多くの日本のクライアントに影響を与え、その結果、規制当局は暗号資産取引所の追加監督を推進することになりました。

「Finder Crypto Adoption Index」によると、日本の人口の7%が暗号資産を所有しており、これはおよそ800万人です。

不思議なことに、この指数によると、日本人の間で最も人気のある暗号資産は、ビットコイン、イーサリアム、ドージコイン、カルダノです。

一方、ブロックチェーン開発者のエコシステムやプロジェクトの面では、日本のプロジェクトと頻繁に話をし、Astar Networkにも投資しています。日本のブロックチェーン開発者のエコシステムはかなり活発だと感じています

参考:HashKey
images:iStocks/BadBrother・metamorworks
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない