Etherscan、OpenAI活用のスマートコントラクト分析ツールβ版を公開

EtherscanがAI活用のコントラクト分析ツール公開

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンエクスプローラー「イーサスキャン(Etherscan)」が、オープンエーアイ(OpenAI)活用のスマートコントラクト分析ツール「コードリーダー」のベータ版ローンチを6月19日発表した。

ユーザーは、調べたいコントラクトアドレスを「コードリーダー」に読み込むことで、そのコントラクトアドレスに関連した全ファイルを自動的に取得出来るという。そして取得したファイルから特定のソースコードの操作や、ソースコードを理解する為にプロンプトを生成してAIに質問することも可能となっているとのことだ。

これによりスマートコントラクトの操作や機能の確認、コントラクトアドレスの読み取りや書き込みが出来るとのこと。また選択したスマートコントラクトが分散型アプリケーション(dApp)と統合出来るか調べることも可能とのこと。

なお「コードリーダー」を使用する為には、オープンエーアイのAPIキーが必要となっている。また「コードリーダー」で生成された回答は、オープンエーアイの大規模言語モデル(LLM)によって生成されており、ユーザーは生成された情報の正確性を確認する必要があるとのことだ。

オープンエーアイとは

オープンエーアイは、AIチャットボットサービス「ChatGPT」を提供する米AI開発企業だ。オープンエーアイ共同創業者サム・アルトマン(Sam Altman)氏は物理学者のアレックス・ブラニア(Alex Blania)氏と共に、暗号資産(仮想通貨)関連プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」の開発も進めている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:Etherscan
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Lari-Bat

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察