イーサリアムL2のOptimism、3回目のOPトークンエアドロップを開始

Optimismが3回目のOPトークンのエアドロップを開始

イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ソリューションであるオプティミズム(Optimism)上にて、同ネットワークのガバナンストークンOPの3回目のエアドロップが9月19日に実施された。

今回エアドロップされたOPの総量は約1,941万枚であり、31,870のアドレスに割り当てが行われたとのこと。

オプティミズムでは、最終的にOP総供給量の19%がエアドロップによってユーザーに配布される予定。総供給量は4,294,967,296OPとなっており、初回は214,748,364.8OP、2回目は11,742,277.10OP、3回目は19,411,313OPが配布されている。つまり今回で総供給量の約5.72%のOPが配布されたことになる。

なお今回実施されたエアドロップは、オプティミズムが行った2回目のOPトークンのエアドロップと同様に、ガバナンスへの参加報酬として行われた。

OPエアドロップの対象となるのは、2023年1月20日から7月20日の期間にガバナンス投票を行ったデリゲーターに対し、「OPトークンを保有することで得られるガバナンスの投票権」を委任したユーザーだ。なおエアドロップが発生する最低条件は、デリゲートしたOPの枚数×デリゲート日数=18,000以上になることだ。

ちなみにデリゲートは投票を委任すること、デリゲーターは投票を委任される代理投票者のことを指す。

なお今回のエアドロップは対象者に自動的に送金されるため、請求する必要がないとのこと。そのためエアドロップの請求を行うためのサイトへの誘導はすべて信用せず、アクセスしないよう注意喚起が行われている。

オプティミズムは今年6月、初の大型アップグレードとなる「Bedrock(ベッドロック)」アップグレードを完了した。「Bedrock」アップグレードはブロックの生成タイミングの変更や、L1であるイーサリアムへのデータ送信のコストダウン、入金に必要な時間の短縮などを含むアップグレードである。これによりオプティミズムでのガス代が半分以下にまで低下している。

また先日米サークル(Circle Internet Financial)発行の米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」のネイティブ版トークンが、オプティミズムおよびベース(Base)のネットワーク上でリリースされた。これにより、これまでブリッジ版「USDC」が使用されてきたオプティミズム上で、サークルが直接発行した「USDC」が利用可能になった。

なお「ベース」は、米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)がオプティミズムの開発元であるOPラボ(OP Labs)が提供するオープンソースモジュール「OPスタック(OP Stack)」を使用して構築したイーサリアムのL2ネットワークだ。

関連ニュース

参考:オプティミズムブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BSVIT・royyimzy・NeoLeo

関連するキーワード

#OP

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored