a16z、イーサL2「オプティミズム」用のノードクライアント「Magi」開発

a16zがOptimismスタック用の新しいクライアントを開発

米大手VCのa16z(アンドリーセンフォロウィッツ)の暗号資産(仮想通貨)関連部門であるa16z cryptoが、イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションであるオプティミズム(Optimism)用の新たなノードクライアント「Magi(マギ)」のリリースを4月19日に発表した。

ノードクライアントとは、ブロックチェーンにおいてブロック生成やデータ検証をする「ノード」を利用するために必要なソフトウェアである。なおノードクライアントには実行クライアントとコンセンサスクライアントと呼ばれる2種類が存在する。

a16z cryptoによると、「Magi」はプログラミング言語「Rust」で設計されたコンセンサスクライアントであり、オプティミズム以外にもオプティミズムの技術であるOPスタックのコンセンサスクライアントであるロールアップクライアントが使用されるブロックチェーンで利用可能であるという。そのため同クライアントはコインベース開発のL2ブロックチェーン「Base」でも利用可能とのことだ。

オプティミズムの実行クライアントはイーサリアムと互換性がある部分が多く、実行クライアントとしてイーサリアムで最も利用されているノードクライアントの「Geth(ゲス)」を改修した「op-geth」や「Rust」で「Geth」を再設計した「Reth」を改修した「op-reth」など、いくつかのソフトウェアが開発・利用されてきた。

しかしロールアップクライアントは特殊な実装であり、新しく開発する必要があることからオプティミズム開発元のOP Labsがメンテナンスしているノードクライアントの「op-node」しか存在していなかった。ちなみに「op-node」はグーグル開発のプログラミング言語「Go」で設計されている。

「Magi」は、「op-node」の代替として独自に開発されたもので、ロールアップクライアントの多様性を高めることを目指しているという。

クライアントの種類が少なく利用者が偏っている場合、クライアントに発見された単一の脆弱性だけでブロックチェーンが停止してしまうなどの最悪な状況につながる可能性が高まり、安全性を欠く。「Magi」の登場はOPスタックのブロックチェーンの分散性と安全性を高めることが期待されている。

関連ニュース

参考:a16z
images:iStocks/Maksim-Tkachenko

関連するキーワード

#OP

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【11/30話題】大和証券らがパブリックチェーンで証券トークン、バイナンス宣伝でクリスティアーノロナウドへ集団訴訟など

大和証券グループとGinco、パブリックチェーンで証券トークン発行の概念実証へ、クリスティアーノロナウド、バイナンスの未登録有価証券宣伝したとして集団訴訟される、フィリピンSECがバイナンスの未登録運営を警告、アクセス遮断へ、コインベースがバイビット捜査関連でCFTCから召喚状、一部ユーザーに警告も、米財務省がビットコインミキシング「Sinbad」制裁、北朝鮮ラザルスとの関係疑惑で、スペイン財務局、国外保有の暗号資産が約807万円で納税申告義務化へ、ソラミツ、ソロモン諸島中央銀行と中銀デジタル通貨の実証実験を実施、パクソス、アブダビでステーブルコイン発行の原則承認取得、暗号資産サービス提供も、ジャックドーシー、ビットコイン分散型マイニングプール「OCEAN」に出資、ソラナ基盤のステーキングプロトコル「Jito」、独自トークンJTOのエアドロップ実施へ

Sponsored

大和証券グループとGinco、パブリックチェーンで証券トークン発行の概念実証へ

大和証券グループ本社、大和証券、Fintertech(フィンターテック)、Ginco(ギンコ)が、パブリックブロックチェーンにおけるセキュリティトークン(ST:証券トークン/デジタル証券)の発行および発行プラットフォームの開発に向けた概念実証の実施予定を11月30日発表した

パクソス、アブダビでステーブルコイン発行の原則承認取得、暗号資産サービス提供も

企業向けブロックチェーンインフラ提供やステーブルコイン発行を行うパクソス(Paxos)が、アブダビ・グローバル市場(ADGM)の金融サービス規制当局(FSRA)から、ステーブルコインの発行及び暗号資産仲介およびカストディサービス提供に関する金融サービス許可(IPA)の原則的承認を得たと11月29日発表した