イーサL2「Optimism(OP)」、初のアップグレード「Bedrock」が3月実施で提案

Optimismの「Bedrock」アップグレードが3月実施の提案

イーサリアム(Ethereum)のL2(レイヤー2)スケーリングソリューション「オプティミズム(Optimism)」が、同ネットワーク初のアップグレードとなる「Bedrock(ベッドロック)」の実施時期を決定するための提案を2月2日に発表した。

この提案が承認されると日本時間3月16日の2:00を目安に「Bedrock」が実施されることになる。

「オプティミズム」は「オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollup)」という技術を採用したイーサリアムのL2ネットワークであり、イーサリアムのスケーリング問題を解決するために利用されている。

「オプティミズム」によると「Bedrock」アップグレードはハードフォークを伴うものであり、開始してから完了するまでに4時間ほど必要であるという。またアップグレード中は一時的に従来のネットワークでの入出金や取引は停止されるとのこと。

前述したように「Bedrock」アップグレードは「オプティミズム」の初のアップグレードであり、多くの変更含んでいる。具体的にはブロックの生成タイミングの変更や、L1へのデータ送信のコストダウン、入金に必要な時間の短縮などがある。

また、これまでイーサリアムに実装されていながらも「オプティミズム」に導入されていなかった、手数料に関する改善案「EIP-1559」やチェーンの再編成などの機能も実装される予定だ。これにより「オプティミズム」はイーサリアムと同じ設計に近づくという。

すでに「オプティミズム」のGoerli(ゴエリ)テストネットではアップグレードに成功しているが、重大なセキュリティリスクが発見された場合やコミュニティへの周知のために、メインネットでの実装は3月が提案されている。

レイヤー2は2023年に入ってから需要が急激に増加しており、オプティミズムのトランザクション数と、同じくレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)でのトランザクション数と合わせた数は、1月12日にイーサリアムのトランザクション数を初めて上回った。

またイーサリアムの創業者であるヴィタリク・ブテリン(Vitalik Buterin)氏も、2023年はL2で利用される技術のロールアップが重要なマイルストーンに到達するとの意見を示している。

関連ニュース

米サークル「USDC」、クロスチェーン転送とArbitrum、Optimism、NEAR、Polkadot、Cosmosにネイティブ対応へ

OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」基盤のNFTサポート開始

DEXのCurve、イーサリアムL2のOptimismに100万OP配布を申請

FTXグローバル、イーサリアムL2「Optimism(OP)」を先物で取扱開始

イーサリアムL2のOptimism、OPトークンのエアドロップ開始

参考:フォーラムDOC
デザイン:一本寿和
images:iStock/dalebor

関連するキーワード

#OP

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達