イーサL2「Optimism(OP)」のBedrockアップグレード完了、ガス代が半分以下に

Optimismがネットワークアップグレードを完了

イーサリアム(Ethereum)L2スケーリングソリューション「オプティミズム(Optimism)」初の大型アップグレードとなる「Bedrock(ベッドロック)」アップグレードが、6月7日に完了した。アップグレードの実施中はダウンタイムとなり、取引や入出金が利用できなくなっていた。現在は通常通り利用可能となっている。

「Bedrock」アップグレードはブロックの生成タイミングの変更や、L1へのデータ送信のコストダウン、入金に必要な時間の短縮などを含むアップグレードである。これによりオプティミズムでのガス代が半分以下にまで低下した。

現在「Bedrock」アップグレードの実施による影響を観察するためのダッシュボードが「dune.com」にて公開されている。これを確認すると「オプティミズム」での現在の平均トランザクション手数料は0.16ドルであり、アップグレード実施から現在(6月12日17時)まででおよそ29万ドルが節約されている。

なお「オプティミズム」は今回のアップグレードを記念し、NFTクリエイター向けにツールやアプリケーションを提供する「manifold」と協力してNFTをリリースしている。同NFTは「manifold」のミント(鋳造/発行)ページから6月17日の9時まで無料でミントすることができる。なおNFTはオプティミズム上でミントされる。

ちなみに米大手VCのa16z(アンドリーセンフォロウィッツ)の暗号資産(仮想通貨)関連部門a16z cryptoは今年4月、オプティミズム(Optimism)用の新たなノードクライアント「Magi(マギ)」のリリースを発表した。これによりオプティミズムはブロックチェーンの分散性も向上させている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

関連するキーワード

#OP

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored