セロ(Celo)、主要DeFiプロジェクトと100億円規模のインセンティブプログラム開始へ

Celo、100億円規模のインセンティブプログラム開始へ

モバイル金融アプリやステーブルコインなどの開発を手がけているセロ(Celo)が、DeFi(分散型金融)ユーザーの増加を目的としたインセンティブプログラムの提供を8月30日に発表した。

「DeFi for the People」と名付けられたこのプログラムは、スマートフォンを利用する60億の人々にDeFiを浸透させることを目指し、総額1億ドル(約109億円)を超える資金が、助成金やインセンティブとして用意されるとのことだ。

なおこのプログラムには、アーベ(Aave)、カーブ(Curve)、スシ(Sushi)、プールトゥギャザー(PoolTogether)、ゼロエックス(0x)、ユーマ(UMA)、ヴァローラ(Valora)、ウベスワップ(Ubeswap)、ムーラ・マーケット(Moola Market)などのDeFiプロジェクトが参加するとのこと。

さらにこのプログラムの教育イニシアチブとしてチェーンリンク(Chainlink)、ラビットホール(RabbitHole)、ザ・グラフ(The Graph)、ラップト・ドットコム(Wrapped.com)も参加するとのことだ。

上記のDeFiプロジェクトのうちプールトゥギャザーやスシなどはすでにセロ上でのローンチが完了しており、また他のプロジェクトに関しても今後数週間のうちにセロ上でローンチされ、リワードの提供が開始される予定となっている。

また一部のプロジェクトではインセンティブの総額が発表されており、アーベでは2,000万ドル、カーブでは1,400万ドル、スシでは1,000万ドルのインセンティブが提供されるとのことだ。 

参考:Celo
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携

米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で

マスターカード(Mastercard)が、NFTを制作することが9月16日にわかった。このNFTはマスターカードのグローバルアンバサダーで、著名サッカー監督のジョゼ・モウリーニョ(José Mourinho)氏との共同制作とのこと。ジョゼ・モウリーニョ氏は現在はイタリアセリエAのASローマの監督を務めている。