Magic Eden、「マジックエデンイーサリアムマーケットプレイス」を2/24公開へ

Magic Eden Ethereum marketplaceが24日公開へ

イーサリアム(Ethereum)上に構築されたNFTマーケットプレイス「マジックエデンイーサリアムマーケットプレイス(Magic Eden Ethereum marketplace)」が2月24日に公開される予定だ。「マジックエデン(Magic Eden)」公式Xアカウントより2月13日発表された。

「マジックエデンイーサリアムマーケットプレイス」は、「マジックエデン」が人気NFTプロジェクト「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」を運営するユガラボ(Yuga Labs)と提携して立ち上げる予定のNFTマーケットプレイスだ。このマーケットプレイスでは、イーサリアム基盤の全NFTコレクションのクリエイターロイヤリティを保護することが契約上義務付けられているという。

現在「マジックエデンイーサリアムマーケットプレイス」でサポート予定のNFTプロジェクトとして、ユガラボの他にアーティファクト(RTFKT)やプディーペンギンズ(Pudgy Penguins)、アズキ(Azuki)、ドゥードゥルズ(Doodles)、アニモカブランズ(Animoca Brands)など39プロジェクトがあげられている。

またこれらNFTプロジェクトは、「マジックエデン」が立ち上げたNFTプロジェクトの連合「クリエイターズアライアンス(Creator’s Alliance)」に参加している。なお「クリエイターズアライアンス」は、NFTエコシステムを成長させる為の持続可能なロイヤリティフレームワークの促進に焦点を当てた連合とのことだ。

関連ニュース

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ