Magic Eden、クロスチェーンセルフカストディウォレット「マジックエデンウォレット」β版公開

Magic Edenがマジックエデンウォレットβ版を公開

NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」が、クロスチェーンセルフカストディウォレット「マジックエデンウォレット(Magic Eden Wallet)」ベータ版のリリースを11月27日発表した。

「マジックエデンウォレット」は、ソラナ(Solana)、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、ビットコインオーディナルズ(Bitcoin Ordinals)上のNFTを収集できる、「マジックエデン」に直接統合された初のデジタルウォレットとのこと。なお同ウォレットは、「マジックエデン」とセルフカストディウォレット「エクソダス(Exodus)」との提携により作成されたという。

「マジックエデンウォレット」の特徴は、それぞれのチェーンにおける固有のウォレットを切り替えることなく、単一のクロスチェーンウォレットとして使用できることだ。また同ウォレットにはNFTの収集だけでなく、各チェーン間の暗号資産(仮想通貨)を即時に転送およびスワップできる機能「インスタントクロスチェーンスワップ」が備わっているとのこと。

さらに各チェーンにおける全てのNFTコレクションと暗号資産の取引履歴追跡機能およびポートフォリオ管理機能、またデビットカードや銀行振込、アップルペイを利用した法定通貨決済およびビットコイン(Bitcoin)ネットワーク上で使用されるトークン規格「BRC-20」での売買機能も備わっているという。

なお現在「マジックエデンウォレット」ベータ版には限定されたユーザーのみがアクセス可能となっている。また同ウォレットの機能に関する追加情報およびデスクトップのブラウザ拡張機能は、ベータ版のテスト終了後2024年初頭に発表される予定とのことだ。

マジックエデンは今月7日、同マーケットプレイスのポリゴン版プラットフォームをアップデートし、NFTアグリゲーター機能やロイヤリティ執行機能、パブリックにアクセス可能なポリゴンAPI機能などの追加を発表している。

関連ニュース

参考:マジックエデン
images:iStocks/Molnia

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した