アニモカブランズ、UAEのゲームスタジオ「Farcana」へ出資

アニモカブランズがUAEのゲームスタジオ「Farcana」へ出資

Animoca Brands(アニモカブランズ)が、アラブ首長国連邦(UAE)拠点のゲームスタートアップであるFarcana(ファルカナ)への戦略的投資を11月27日発表した。なお出資額については非公開のようだ。

アニモカブランズは、香港を拠点にブロックチェーンゲーム開発やNFTおよびメタバース分野への投資を行うユニコーン企業。

またファルカナは、基本プレイ無料の戦略シューティングゲームを提供する企業。MENA(中東・北アフリカ)地域の主要ゲームスタジオになることを目標としている。

同社開発のブロックチェーンゲーム「ファルカナ」は、4対4のゲームプレイ、ユニークなキャラクターの能力、ビットコインの賞金システムが特徴で、ビットコインオーディナルズを導入する予定もあるという。

ドバイで行われた同ゲームの初回公開テストプレイでは、40,000人以上のユーザーを集めたとのこと。現在は11月から12月にかけ、第二回の公開テストプレイを実施しているとのことだ。

なおオーディナルズはビットコインの最小単位である1satoshi(0.00000001BTC)に通し番号をつけ、ひとつのsatoshiに任意のデータを紐づけるプロトコルである。

なおアニモカブランズは今年の第2四半期より、ファルカナのトークンエコノミクスと市場開拓戦略について協力をしていたとのことだ。

今回の調達資金は、ファルカナのゲーム強化およびビットコインエコシステムとの統合に利用されるとのこと。なお同プロジェクトは現在、来年初めのトークンおよびゲームリリースに向けて準備を進めているとのことだ。

関連ニュース

参考:アニモカブランズ
images:iStocks/kurmyshov・LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored