アニモカブランズ、仏ゲーム大手ユービーアイソフトのweb3プロジェクト拡大へ

アニモカブランズがユービーアイソフトと提携

アニモカブランズ(Animoca Brands)が、仏大手ゲーム開発企業ユービーアイソフト(Ubisoft)と提携し、ユービーアイソフトのストラテジックイノベーションラボが推進するweb3プロジェクトをサポートおよび拡大していくことを11月21日発表した。

この提携によりユービーアイソフト提供のPvP戦略RPGゲーム「チャンピオンズ・タクティクス・グリモリア・クロニクルズ(Champions Tactics™ Grimoria Chronicles)」が、アニモカブランズの「web3フリークエントプレイヤープログラム(web3 Frequent Player Program)に統合されるとのこと。

なおこの統合に関する具体的な取り組み内容や、アニモカブランズとユービーアイソフト・ストラテジックイノベーションラボによる他の動きについては発表されていない。

「web3フリークエントプレイヤープログラム」は、アニモカブランズのメンバーシップNFTコレクション「モカバース(Mocaverse)」が推進するプログラムだ。

ユーザーは「モカバース」で、アニモカブランズのネットワーク間を移動する際に必要となる分散型ID(DID)「モカID(Moca ID)」を作成し、「web3フリークエントプレイヤープログラム」を通じてレルムポイントと呼ばれるロイヤルティポイントを獲得および使用できる。またレルムポイントは「モカバース」やアニモカブランズが提供する特典と交換できるという。

なおDIDは、ブロックチェーンなどの分散型技術の利用により自身で個人のアイデンティティを管理するIDのことだ。

関連ニュース

参考:アニモカブランズ
images:iStocks/Ihor-Tsyvinskyi・Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道