Blur創設者によるイーサL2「Blast」、アーリーアクセス開始

「Blast」がアーリーアクセスをスタート

イーサリアム(Ethereum)レイヤー2ネットワーク「Blast(ブラスト)」が、11月20日にアーリーアクセスをスタートした。その後24時間でTVL(総預かり資産額)が約121億円(約8130万ドル)突破している。

「Blast」は、オプティミスティックロールアップ(Optimistic Rollups)を採用したイーサリアムのL2ネットワークだ。同ネットワークは、イーサリアム(ETH)およびステーブルコインに対して自動的に利回りが提供されるという特徴があり、該当するトークンをブリッジし保有しておくと残高が自動で増えていくとのこと。

「Blast」にステーブルコインをブリッジした場合、同ネットワーク上では新しいステーブルコイン「USDB」に自動変換され、これがステーブルコインとして流通する。「USDB」はMakerDAOなどの米国債に連動するプロトコルと連携しており、米国債の金利が保有者への利回りとして提供される。

なお「Blast」は、アグリゲーター機能実装のプロトレーダー向けNFTマーケットプレイス「Blur(ブラー)」創設者のパックマン(Pacman)氏が開発を進めるブロックチェーンだ。

現在「Blast」はアーリーアクセス状態であり、参加するには同ネットワーク参加者が発行可能な招待コードが必要だ。ユーザーを招待した参加者はBlastポイントを獲得でき、このポイントはガバナンストークン発行時のエアドロップに使用されるとのことだ。

また「Blast」には現在ETH、stETH、wETH、USDCoin(USDC)、Tether(USDT)、Daiをブリッジでき、ブリッジにより招待コードを発行する権利および利回り、Blastポイントを獲得できるとのことだ。

パックマン氏によると「Blast」はBlurエコシステムの拡張であり、Blurユーザーに休眠している資産の利回りを獲得させ、同時に洗練されたNFT製品をユーザーに提供するために必要な技術的側面を改善するためのものだという。

メインネットの正式なローンチは2024年2月が予定されており、Dapps(分散型アプリケーション)のサポートおよびブリッジした資金の引き出しはメインネットローンチ時に開始されるという。

「Blast」はParadigm(パラダイム)やStandard Crypto(スタンダードクリプト)などの投資会社から約29.8億円(2,000万ドル)の調達を行っている。

関連ニュース

参考:ブラストホームページ
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している