アニモカブランズが約29億円の資金調達、新プロジェクト「Mocaverse」推進へ

新プロジェクト推進へ

香港拠点のブロックチェーンゲーム開発企業アニモカブランズ(Animoca Brands)が、2000万ドル(約29億円)の資金調達の実施を9月11日発表した。

同ラウンドは、香港のベンチャーキャピタルであるCMCCグローバル(CMCC Global)が主導。同社はWeb3投資特化型のアジア初のVCファンドでり、運用資産額は5億ドル(約733.4億円)を超えるという。

その他の投資家として、キングスウェイ・キャピタル(Kingsway Capital)、リバティー・シティ・ベンチャーズ(Liberty City Ventures)、ゲーミファイ・ベンチャーズ(GameFi Ventures)のほか、アクシー・インフィニティ(AXS)親会社のスカイ・メイビス(Sky Mavis)の創設者であるアレクサンダー・ラーセン(Alwksande Laren)氏や最大手ブロックチェーンゲームギルドであるイールド・ギルド・ゲームズ(Yield Guild Games:YGG)の創設者であるギャビー・ディゾン(Gabby Dizon)氏などが参加。またアニモカブランズのエグゼクティブ・チェアマン兼共同設立者であるヤト・シウ(Yat Siu)氏もこのラウンドに参加している。

なお今回の資金調達は、アニモカブランズのメンバーシップNFTコレクションである「モカバース(Mocaverse)」の株式発行を通じて行われており、1:1ドル基準で投資家に対するユーティリティトークンのワラントが無償付与されている。ワラントとは、当該企業の株式を予め定められた価格で購入することができる権利。新株予約権証券ともいわれる。

発表によると調達資金の使途は、製品開発、Web3導入の促進、アニモカブランズの約450のWeb3企業やプロジェクトへの投資ポートフォリオのゲーム、文化、エンターテインメントのエコシステムを拡大するためのパートナーシップの確保など、「モカバース」プロジェクトの推進に使用されるという。

なお「モカバース」では、ユーザーが独自のデジタルIDであるモカID(Moca ID)を作成し、積極的な参加を通じてロイヤルティポイントを獲得し、そのポイントを使用できるとのこと。

モカIDは譲渡不可能なNFTコレクションであり、間もなくローンチが予定されている。

アニモカブランズは6月、三井物産と戦略的パートナーシップを締結。両社は主に日本国内におけるweb3の普及とイノベーションに寄与する新たなビジネス創出を目指すとのことであった。

関連ニュース

参考:アニモカブランズモカバース
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察