【速報】三井物産が香港アニモカブランズと提携、web3事業へ5大商社初の本格参入

三井物産がアニモカと提携

三井物産が、Animoca Brands(アニモカブランズ )との資本業務提携および戦略的パートナーシップに関する覚書を締結した。三井物産が6月19日発表した。

アニモカブランズは、香港を拠点にブロックチェーンゲーム開発やNFTおよびメタバース分野への投資を行うユニコーン企業だ。

なお日本には、日本の知財やコンテンツ(IP)ホルダーの、web3に関する世界展開を支援する目的の戦略的子会社としてAnimoca Brands株式会社(アニモカブランズジャパン)が設置されている。現在同社のCEO兼代表取締役は、ライフネット生命保険の元取締役会長であった岩瀬大輔氏が務めている。

今回の提携は香港のアニモカブランズ本体との提携となる。

発表によると今後両社は、三井物産の消費者ビジネスから産業ビジネスまでの幅広い事業アセットに加え、パートナーや顧客ネットワークを活用し、主に日本国内におけるweb3の普及とイノベーションに寄与する新たなビジネス創出を目指すとのこと。

またウェルネス領域や脱炭素・カーボンクレジット領域におけるブロックチェーン技術の応用等、様々な分野での共同事業の開発や合弁会社の設立など、幅広い領域での戦略的パートナーシップを加速し、社会課題の解決につなげると三井物産は伝えている。

以下斜字部分6/1911:30追記

「あたらしい経済」編集部が三井物産関係者へ取材したところ、「アニモカブランズ香港への出資を通じて戦略的パートナーシップを締結しました。 今後、協業及び事業化に於いては、アニモカブランズ香港に加え、アニモカブランズジャパンとも連携していく予定です」とコメントを得た。

また関係者は「5大商社としては初のweb3関連事業への参入となる」とコメントしている。

三井物産関連会社のこれまでのブロックチェーンへの取り組み

なお三井物産の関連会社として、ブロックチェーンに関わる事業は今までにも行われていた。

三井物産デジタル・アセットマネジメントがデジタル証券(セキュリティトークン:ST)サービス「ALTERNA(オルタナ)」を運営している他、三井物産デジタルコモディティーズでは金(ゴールド)価格に連動する暗号資産(仮想通貨)「ジパングコイン:Zipangcoin(ZPG)」の発行を行っている。

「ALTERNA」は先月5月に正式ローンチした、デジタル証券を取り扱う個人向けオンライン資産運用サービスだ。三井物産グループの不動産・インフラなどの実物資産に1口10万円からの小口投資が可能となっている。

「ALTERNA」のシステム基盤には、三菱UFJ信託銀行が推進する各種デジタルアセットの発行・管理基盤「Progmat(プログマ)」が用いられているという。「プログマ」には、米R3社開発のエンタープライズ向けブロックチェーン「Corda(コルダ)」が採用されている。

また「ジパングコイン」は、昨年2月に暗号資産交換業者の登録を完了した三井物産一部出資の企業であるデジタルアセットマーケッツが取引を行っている。

なお「ジパングコイン」の発行システムにおける基盤ブロックチェーンには、bitFlyer Blockchain開発のエンタープライズ向けブロックチェーンプラットフォーム「miyabi(ミヤビ)」が採用されている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:三井物産
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Muhammad-Farhad

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察